5月19日 その2876 『逢坂誠二の徒然日記』(4520)

掲載日:2015.05.19



昨朝は、函館市内で

定例の朝食勉強会だった。



安保法制などについて、話をさせてもらった。



参加者の皆さんの反応は、色々だが、

全体的には、その内容について、

それほど深く周知されていない印象だ。



きっとこれが多くの国民の現実なんだと思う。



====



昨日午後には、議員会館入りし、

超党派のLRT議連で、新型路面電車について、

鉄道総合技術研究所などから話を聞いている。



路面電車は言うまでもなく函館の重要なインフラだ。



そのあり方も含め、多面的に情報を収集したい。







1)いわゆる大阪都構想

いわゆる大阪都構想が、否決されて1日が経過した。



昨朝の新聞各紙は、大きく紙面を割いて報道した。



否決されたが、今回の一連のことの持つ意味は大きい。



====



地域の自治のかたち、あり方を、

その内容の是非はともかくとして、

地域自らが考えて発信したこと。



それを発信だけにとどめずに、

国政の場にも働きかけて、

実現のための手立てを手に入れたこと。



これは凄いことだ。



これまでいくつもの自治のあり方が提起されたが、

ここまで具体的なプロセスに

引き上げたケースは、ほぼないものと思う。



====



2012年に制定された

「大都市地域における特別区の設置に関する法律」では、

全ての関係自治体の議決によって協議会が設置され、

そこで特別区設置の具体的内容を盛り込んだ

協定書が策定される。



この協定書を再度、関係自治体で議決した後に

住民投票に付されることになる。



議決→法定協議会→議決→住民投票という、

ステップを踏むことになり、

市町村合併よりも手続きが多い。



市町村合併も、

住民生活に色々な影響を与えることになるが、

特別区の設置はそれ以上に影響が大きいため、

最終的には住民の判断を仰ぐことが

適当だと考えたためだ。



====



しかし、住民投票など

多数決による直接的な民主主義には留意すべき点がある。



それは、住民の皆さんが、その内容について、

賛成意見や反対意見、問題点などを

少しでも深く理解しておくことだ。



この理解の程度が、多数決の結果に大きな影響を与える。



当該課題に対しあまり理解がないままに投票に臨めば、

雰囲気に流された人気投票的なものになりかねず、

後に後悔することになる可能性もある。



そうなっては後の祭りなので、

十分に理解を深める取り組みが重要なのだ。



====



その理解を深める過程が最初の議決、

さらに法定協議会の議論、

そして二度目の議決だ。



ところが今回は、法定協議会から

二度目の議決に至る過程での議論は、

残念ながら十分とは言えなかったようだ。



本来、その過程の中で丁々発止の議論を行い、

その内容を市民も共有する取り組みが、

もっと必要だったのだと思う。



このためには一定の時間を要する。



ここを丁寧に行なうことは迂遠であり、

即、住民投票に持ち込んだ方が、

結果が早く出ると思いがちだが、

それは違っている。



この過程を丁寧に行い、

市民に分かりやすい確実生の高い

協定書を作成することができれば、

市民は賛成しやすいだろう。



逆にこの過程が不十分なら、

判断を市民に丸投げする格好に近くなる。



そうなれば市民には

実現される自治のあり方がよく分からず、

結果的に現状を変えない

との判断に傾く可能性が否定できない。



とにかく多数決の場合は、

事前の理解や学習を十分にに行うことが、

結果的に急がば回れとなることが多いし、

その過程の中で、特別区の内容も

より具体的で練られたものに進化させることができれば、

市民はより判断しやすいものと思う。



====



今回の住民投票期間中に、

市民独自の学習の機会や場が、

後半になるに従って増えたと聞いている。



これは喜ばしいことと思うと同時に、

事前の学習が十分ではなかったことの

表れなのかもしれない。



扱うべき課題が大きく複雑になればなるほど、

十分な学習が必要だ。



それが無ければ市民は不安になって、

当該課題について否定的な判断を下す傾向が

強くなるのだと思う。



====



これほど多くの皆さんが関わって、

これほど全国的な関心が高まった住民投票は、

過去になかったように思う。



今回の住民投票は、

いずれかの時期には実施されるであろう

憲法改正の国民投票の実施に対しても、

事前準備をどうすべきなのか、

選挙運動はどうあるべきなのかを含め、

数多くの示唆を与えている。



今回、構想が否決されたからといって、

大都市をはじめとする

自治の問題が解決されたわけではない。



継続してあるべき自治の姿を、

さまざま場面で考えなければならない。







さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・5・19

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください