5月20日 その2877 『逢坂誠二の徒然日記』(4521)

掲載日:2015.05.20

都内は雲の多い朝を迎えた。
通常のように、朝4時前から活動を開始しているが、
今朝はPCの調子が悪く、
いつも使っているソフトが壊れたようだ。
そのソフトの再インストールに時間がかかって、
日記を書く時間が無くなってしまった。
PCなどの機器に振り回される日々だ。
そのため今日の日記は、
いつもの形式と違っている。

1)安全保障特別委員会
昨日の衆議院本会議で、
安全保障法制の関連法案を審議する
45人の委員からなる特別委員会の設置が決まった。
この委員会の設置はおろか、
そもそも今回の安全保障法制は、
立憲主義に反し、国会に提出する法律としての
適格性を欠いている。
特別委員会の設置そのものが大問題なのだ。
政府は、審議促進のためか自衛隊法など10法律の改正を
1つの法案としてまとめて国会に提出した。
戦後日本の大転換になる法案を、
こんなその場しのぎの方法で
国会に提出したことも大問題だ。

さあ、今日もしっかりと前進します。
============
   2015・5・20
============
マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



2 Responses to 5月20日 その2877 『逢坂誠二の徒然日記』(4521)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください