6月1日 その2889 『逢坂誠二の徒然日記』(4533)

掲載日:2015.06.01



今日の午前、都内で用務があるため、

昨夕上京した。



このため函館市内での

月曜日朝の定例の街頭演説はできず残念。



国会会期中は

国会活動が中心になるのはやむを得ない。



====



都内は雲の多い朝を迎えたが、

徐々に晴れ間が広がるようだ。



予想最高気温は29度と、

都内は既に真夏の雰囲気だ。







1)安保法制

昨日、長妻昭代表代行と、

安保法制議論の進め方について、

電話で意見交換をした。



過日の日記で書いたとおり、

法文だけの議論をしていたのでは、

全体像が見えないし、

相手の土俵に引きずり込まれてしまう。



日本のあり方を、広く深く考えるためにも、

もっと幅広の論点が必要だとの話をさせて頂いた。



イラク戦争に対する日本の対応を総括すべき、

今回の安保法制と自治体との関係など、

とにかく論点は多い。



長妻代表代行も、全く同感とのことであり、

今後ともさらに意見交換を継続することになった。



武力行使に力点を置いた

安倍総理の目線を変えるためにも

多種多様な論点を引き出したいと思う。







2)石破大臣

石破大臣がご自身のブログで、

私のことに言及している。



ちょっと吃驚した。



http://ishiba-shigeru.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-3e74.html



立憲主義についてご自身の考えを披歴されているが、

国会で議論していることが

立憲主義の具現化そのものとの指摘はそのとおりだが、

だからといって今回の安保法制が

立憲主義に反していないとの説明にはなっていない。



別の機会にでも、もっと議論したいものだ。



石破大臣は、ものごとを深く探求される方だ。



噂によれば国会議員として、

国会図書館の利用頻度はトップクラスだという。



石破大臣とは、立憲主義のみならず、

さまざまな分野で意見交換したく思う。







今日から6月だ。時の流れは早い。



さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・6・1

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください