6月3日 その2891 『逢坂誠二の徒然日記』(4535)

掲載日:2015.06.03



都内は雲の広がる朝を迎えた。



湿度が高めで、

気温も22度と朝にしていは高い。



ほどなく雨になるとの予報が出ている。



そろそろ梅雨入りしてもおかしくない時期だ。







1)法律家

昨夜、法律家7団体が主催する

「法律家は安保法制を許さない 6・2院内集会」

に参加し、挨拶をさせて頂いた。



法律の専門家が、

安倍総理の安保法制に反対しているのだ。



主な反対理由は以下だ。



====





立憲主義・民主主義に違反する手続き





歯止めのない集団的自衛権行使





米軍などに対し地球のどこでも戦争協力(後方支援)





PKO法の大幅改変〜テロとの戦争に日本が参戦も





平時から米軍等と「同盟軍」関係を構築・米軍等防護のため武器使用



====



法律の専門家の皆さんは、

以上のような問題点を指摘し、

今回の安保法案の即時廃案を求めている。



これほど多くの法律家団体が、

問題点を具体的に指摘して反対している。



専門家からこうした声があれば、

それが気になるのが通常だ。



だか総理には、

こうした専門家の声が聞こえないようだ。



何とも恐ろしいことだ。







2)事態

今回の安保関連法案には、

新しい事態が次々も盛り込まれた。



日本への危険度が高い順に、





武力攻撃発生事態





武力攻撃切迫事態





武力攻撃予測事態





存立危機事態





重要影響事態





国際平和共同対処事態などだ。



====



国会答弁を聞いていても、これらの違いが判然としない。



総理は「切れ目のない対応」と繰り返している。



ということはこれらの違いが

当然曖昧ということになるのだろう。



「切れ目のない対応」をするために、

それぞれの事態の区別が明確ではないため

「際限のない対応」になりかねない。



そして最も恐ろしいのは、

特定秘密保護法をたてにして、

判断基準を示さず

政府が恣意的に判断することだ。



そうなれば民主主義は機能不全に陥ってしまう。



これはイラク戦争など、歴史が証明している。







今日は満月だが、

それを愛でるのは難しそうな空模様だ。



今日も会議などがぎっしり詰まっている。



さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・6・3

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください