6月5日 その2893 『逢坂誠二の徒然日記』(4537)

掲載日:2015.06.05



今日は、早朝から札幌に向かい会合に出席し、

その後、函館に帰る。



夕方には、函館での活動を開始する。



====



安部総理の提出した安保法案11本に

どんどん綻びが出ている。







1)違憲

昨日の衆院憲法審査会で驚くべき事が起きた。



与党が招致した参考人までもが、

今回の安保法案を違憲と言い切った。



調査会に招かれたのは

早大教授の長谷部恭男氏と笹田栄司氏、

慶大名誉教授の小林節氏。



与党に招かれた長谷部氏は、



「憲法違反だ。

従来の政府見解の基本的な論理の枠内では

説明がつかないし、

法的な安定性を大きく揺るがすものだ」



と批判。



小林氏は、



「憲法9条2項で軍隊と交戦権が与えられていない。

仲間の国を助けるために

海外に戦争に行くことは憲法9条違反だ」



と強調。



笹田氏は、従来の憲法解釈に関し



「ガラス細工で、ぎりぎりのところで保ってきていた」とし、

集団的自衛権行使には「違憲だ」



と述べた。 



===



3人の憲法の専門家が

違憲と指摘する法案の審議が進んでいるが、

その個別内容云々よりも、

そもそもこの点をしっかり議論し、

廃案にすべきだろう。







2)意味不明

今回の安保法案には、

日本への危険度が高い順に、





武力攻撃発生事態





武力攻撃切迫事態





武力攻撃予測事態





存立危機事態





重要影響事態





国際平和共同対処事態



などの数多くの事態が盛り込まれている。



これらがどういう内容、意味なのか、

その政府の説明は極めて曖昧だ。



以下は「重要影響事態」にどう対応するかに関する

安倍総理のある日の委員会での答弁だ。



====



事態の個別具体的な状況に即して、

主に、当事者の意思、能力、事態の発生場所、

また事態の規模、態様、推移をはじめ、

当該事態に対処する、

日米安保条約の目的の達成に寄与する活動を行う米軍、

その他の外国の軍隊等が行っている活動の内容等の要素を

総合的に考慮をして、

わが国に戦禍が及ぶ可能性、

国民に及ぶ被害の影響の重要性等から、

客観的、合理的に判断することになる。



====



何を言っているのか全く意味不明なのだ。



色々なことを考慮しつつ、

最後は政府が判断すると言いたいのかもしれないが、

それではまるで白紙委任だ。



そんなことは絶対に認められないし、

法律にたくさん盛り込まれた

「事態」なるものの区別と

それにどう対処するかの判断基準が決められないなら、

あえて数多くの法律を提出して議論する意味がない。



違憲であることに加え、こうした点からも、

これらの法案を審議する意味はない。







3)18歳

昨日は衆議院を、

選挙権年齢を18歳に引き下げる

公職選挙改正案が通過した。



今後、参議院での議論が始まるが、

現時点では、早い時期に参議院も通過の見通しだ。



そうなれば来年の参議院選挙から、

18歳、19歳の皆さんにも選挙権が付与される。



選挙制度の大きな変更となる。







さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・6・5

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください