6月6日 その2894 『逢坂誠二の徒然日記』(4538)

掲載日:2015.06.06



今日は、芒種。



芒種とは、ウィキペディアによれば次のとおり。



====



芒(のぎ 、イネ科植物の果実を包む穎(えい)、

すなわち稲でいう籾殻にあるとげのような突起)を

持った植物の種をまくころ。



====



うーん、難しいですね。



今日は、亀田八幡宮内で毎朝行われる

5時からの朝起き会に出席し、

その後、帰宅し日記を書いている。



スッキリした青空が広がり、

何とも気分爽快。







1)立憲主義を守る

本日6日北海道新聞朝刊4面、

今回の「国会 これが聞きたい」に私が掲載された。



取材は先月中と随分前の掲載だ。



==記事は以下==



日本が攻撃されていなくても一定の条件の下で

他国に武力行使できるようにする集団的自衛権の行使容認は、

専守防衛の枠を飛び越える内容であり、

行使を認めること自体に反対です。



戦後政治が積み重ねてきた

憲法の考え方に大きく反する法案です。



憲法の基本理念である

平和主義に対する反逆だと考えます。



(民主党には行使容認派もいるが、)

立憲主義に反することはしないと一致しています。



仮に現在や将来の日本にとって必要なものであったとしても、

憲法改正の手続きを踏まなければ、

国会に提出できるものではありません。



==以上、引用終了==



こんな記事だが、

一昨日の衆院憲法審査会での

専門家の指摘を待つまでもなく、

安保法制は違憲との考えを紹介頂いた。



====



今日の北海道新聞の社説も明快だ。



==以下、社説抜粋引用==



安全保障関連法案 について、

3人の憲法学者がそろって「憲法違反」と断じた。



衆院憲法審は、

最高法規である憲法のあり方を議論する公式審査機関だ。



その場で、与党推薦の参考人も含め

全員が違憲との見解を示した意味は極めて重い。



行使を認めること自体の正当性が大きく揺らいだと言える。



昨年7月の閣議決定は憲法を逸脱するものだと主張してきた。



あらためて一から議論し直すべきだ。





「従来の政府見解の基本的な論理の枠内では説明がつかない。法的な安定性を大
きく揺るがす」



他国軍の後方支援 について

「日本の特殊概念で、戦場に後ろから参戦する、前からはしないというだけの話
だ。露骨な『戦争参加法案』だ」



憲法が国家権力を縛る立憲主義の観点からも疑義。



「国会が多数決で法案を承認したら、国会が憲法を軽視し、立憲主義に反するこ
とになる」



この指摘を、国会議員はしっかりと肝に銘じてほしい。



==以上、引用終了==



道新社説の指摘どおりなのだ。



政府は、憲法に反するこの法案の提案を撤回すべきだ。







今日は終日、函館市内を走り回る。



さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・6・6

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください