6月8日 その2896 『逢坂誠二の徒然日記』(4540)

掲載日:2015.06.08



今日の午前中、都内で用務があり、

昨夜のうちに上京した。



そのため今週も

函館市内での定例の朝街宣ができず、

なんとも残念だ。



一方、昨日昼、市民会館前で街宣を行っている。



反応がすこぶる良い。



「逢坂さん頑張って」と、

多くの皆さんから激励を受けた。



先週の衆院憲法審査会で憲法学者三人が、

今回の安保法制は違憲と

表明した事が大きいのかもしれない。



また一昨日、北海道新聞に

安保法制に関する私の考えが掲載されたことも

影響しているようだ。







1)安保法案を葬る

昨年7月の集団的自衛権行使容認の閣議決定以来、

一貫して、閣議決定内容は違憲であり、

立憲主義に反すると指摘してきた。



しかし、その問題の深刻さがなかなか伝わらず、

危機的に感じてきたが、ここに来てやっと、

その危機感が多少共有される雰囲気に

変化しつつあることに、若干安堵している。



もちろん油断できる状況ではないのは事実だ。



与党がいつ強行採決を仕掛けてくるかわからないし、

そうなってしまったら、数の力には太刀打ちできない。



そうなる前に、もっともっと多くの国民の皆様に

声を上げていただき、

国民の力でこの法案を葬りさらなければならない。



====



日本を取り巻く外的状況は、

今も従前からも確かに変化している。



それにどう対処すべきかは、

十分に検討しなければならない。



だからといって憲法の規定を無視し、

立憲主義に歯向かうことは、

絶対に行ってはならない。



そんなことをすれば、

日本の法治国家としての

基本的な機能をぶち壊すことになる。



====



今回の安保法制の問題は大きく二つだ。



集団的自衛権行使をはじめとして、

日本の軍事的な存在感を高めることが、

真に国際社会と日本の平和に

寄与することになるのかという、

日本の国家のあり方に関する問題。

(安保政策上の問題)



もう一つは

仮に集団的自衛権の行使が必要だったとしても、

憲法に反することを憲法改正もしないで

政府と国会が行うという立憲主義上の問題だ。



ネットなどでは、

この二つを混同した書き込みなども散見されるが、

性質の違う二つの問題が含まれていることを

認識したうえで、落ち着いた議論をしなければならない。



====



明確に確認しなければならないのは、

憲法に反すると指摘されていることを

法律で定めるわけにはいかないことだ。



そのため、この法案をまず撤回したうえで

次の議論に入る必要があることだ。



そのうえでこの間、

安倍政権が進めてきた政策の検証を行いつつ、

日本の平和に関する将来像を描く必要がある。



====



日本版国家安全保障会議



特定秘密保護法



武器輸出の解禁



文官統制の廃止



そして集団的自衛権の行使容認など

自衛隊の活動範囲の拡大



安倍政権が進めるこうした

個別議論の是非を改めて検証しなければならない。



それとともに、

これら政策をつなぎ合わせた場合に

日本がどんな国家になるのか

幅広の議論をする必要がある。



さらに、

これら直接的に平和に関わる課題だけではなく、

安倍政権の教育への対応、個人情報のあり方、

捜査に対する姿勢なども含めた、

安倍政権の目指す日本のあり方を

厳しく確認しなけらばならない。



個々の政策の検証だけでは十分ではない。



安倍政権が進める数々の個々の政策をつなぎ合わせた結果、

どんな日本になるのかを常に確認する必要がある。



====



個々の政策レベルでは小さな問題であったとしても、

それらをつなぎ合わせると、

国民が予想する以上に抜き差しならない

大問題に増幅される可能性がある。



個々の政策の相乗効果によって、

ひとたび問題が増幅された社会では、

単に個別政策を手直ししてても、

増幅された大問題を簡単に変更できない可能性がある。



予期しない相乗効果による

社会の変化を防ぐためにも、

安倍政権の進める個別政策をつなぎ合わせた結果

出現するであろう社会への監視の目を

厳しく持つ必要がある。



====



とにもかくにも、まず立憲主義に反する

安倍政権の安保法案を撤回させる必要がある。



その上で冷静な議論をする。



これが私たちが今行うべきことだ。







さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・6・8

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください