6月12日 その2900 『逢坂誠二の徒然日記』(4544)

掲載日:2015.06.12



まだ暗い朝、雨の音で目覚めた。



梅雨らしい雰囲気の都内だ。



今日も、早朝から会議だ。



さらに衆院厚生労働委員会で、

派遣法改正案が強行採決される可能性があるという。



労働法制に関し、

強行採決は未だかってないことらしい。



安倍政権の暴走は止まらない。







1)温室効果ガス削減

昨朝、党のエネルギー環境総合調査会で、

今般政府が決定した

温室効果ガス削減目標について、

環境省、資源エネルギー庁から説明を受け、

議論をしている。



今回の目標は、

2030年度に2013年比で26%削減

(2005年比25.4%削減)となっている。



総理は、この目標を「野心的」と自賛している。



さらに海外でも評価が高いとの報道が一部あるようだが、

どうも私には解せない。



昨日の説明を聞いても、

実現可能な範囲のことを羅列しただけの雰囲気があり、

野心的とまで言い切れるのか甚だ心もとないのだ。



====



京都議定書の基準年であった1990年比では、

日本は2030年に18%削減であるのに対し、

EUは40%削減となっている。



====



ボンで開かれたCOP21の準備会合では、

2030年まで至るための当面の目標年である2020年までの

日本の暫定削減目標「05年比で3.8%減」について、

引き上げを求める意見が各国から相次いだという。



実は日本の削減目標は、

原発頼みの部分が多いため、

こんな結果になるのだと思うが、

もっと前向きな削減対策が必要だ。



昨日の説明では、

大幅な削減目標の設定は

産業界から批判が多いとのことだったが、

私が訪問したドイツでは、

温室効果ガスの削減に取り組むことは、

経済の活性化に資する

との指摘があったことに比べると真反対の反応だ。



20年までの削減がしっかりと進まなければ、

その先の目標は達成は難しいのだと思うが、

昨日の政府答弁からはその危機感は感じられない。



====



ちなみに各国の2020年の目標は以下。



日本  05年比3.8%減



アメリカ  05年比17%程度減



カナダ 05年比17%減



オーストラリア 00年比5%減



EU 1990年比20%減



ロシア 90年比15〜25%減



====



温室効果ガスの削減に取り組むことは、

持続可能な社会全体への大きな鍵になる。







2)常軌を逸している

昨日の衆院憲法審査会などでの

与党を主張を聞いていると

常軌を逸していると感ずる。



たとえば自民党の高村正彦副総裁は、

衆院憲法審査会で次のように述べている。





安保環境が大きく変化している中、

必要な自衛の措置が何か政府、国会として

不断に検討していく必要がある





自衛の措置が何であるか考えるのは、

憲法学者ではなく我々政治家だ



この発言は、私も何の異論もない。



しかし不断に検討した自衛の措置が、

憲法に抵触するか否かは別の問題だ。



どんなに政治家が検討した問題であっても、

憲法違反は違反だし、合憲は合憲だ。



グレーは、グレーなのだろう。



どうしても必要だという自衛の措置が

憲法に抵触する、あるいはグレーなのに、

それを合憲だと強弁して押し切る姿は、

常軌を逸している。







さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・6・12

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください