6月13日 その2901 『逢坂誠二の徒然日記』(4545)

掲載日:2015.06.13



今日は、朝の便で帰函する。



そのため早朝から活動開始だ。



東京の空には、雲が多いが雨は降っていない。



====



函館は曇時々雨の予報。



最高気温は19度の見込みだ。







1)異常

国会の雰囲気は、常軌を逸している。



派遣労働法制は、

衆院厚生労働委員会で、

質疑が打ち切られた。



強行採決こそなかったものの、

派遣が固定化するなどの指摘に応えることなく、

質疑終了となった。



日本の労働法制の大きな転換になる法律が、

成立に向かってひた走っている。



====



安保法制議論も酷い。



先週以降、やっと憲法に反する、立憲主義に反するとの、

そもそも論が議論され始めたが、

政府の答弁は論理性を欠くもの言わざるを得ない。



憲法に合致していると「確信している」とか、

「信じている」などの答弁が続く。



これでは答弁になっていないと指摘せざるを得ない。



また集団的自衛権が合憲と指摘する学者の論を聞いていると、

憲法論をしているとは思われないものもある。



国際情勢が変化しているのに

無策で良いのか的な議論を展開するのだが、

それは政策の選択をどうするかの議論であり、

その政策が合憲であるか、

違憲であるかの説明にはならないのだ。



なぜこんなことが分からないのだろうか。



====



1957年の砂川事件判決、

あるいは1972年の政府見解を根拠にして

集団的自衛権は合憲との説明を政府はしている。



ならばなぜ、今まで歴代政府は、

集団的自衛権は違憲と説明していたのか、

少なくとも1972年以降は、

合憲と説明できたのではないのか。



今になって、ご都合主義的に、

最高裁判決や政府見解を

持ち出してきたとしか言いようがない。



こんなことで、

国会の議論が押し切られることに、

空恐ろしさを感ずる。







帰函後は、夜遅くまで予定がぎっしりだ。



とにかく全力で地域を歩き回る。



さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・6・13

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









One Response to 6月13日 その2901 『逢坂誠二の徒然日記』(4545)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください