6月29日 その2917 『逢坂誠二の徒然日記』(4561)

掲載日:2015.06.29



月曜の朝、函館の路面は濡れている。



雨は降っていない。



外の気温は、低く13度程度で、家の中も寒い。



今朝は、ちょっとだけ

暖房のスイッチを入れるほどだ。



====



先週金曜日の夜から、

急に声が出なくなった。



喉が痛いわけでもなかった、

そういえば数日前から変な咳が出ていた。



週末は予め決められた予定があったため、

何とかそれに対応した。



しかし今朝も回復しない。



そのため今日は、静養に充てることとし、

朝の街宣も中止することとした。



声が出難いのだから、

街宣中止も仕方がない。



今日の夕方には、

都内での用務があるため、

午後の便で上京するが、それまでの間、

おとなしく静養に専念だ。



早く回復して、

バリバリと動き回らねばならない。







と言うわけだが、

さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・6・29

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









One Response to 6月29日 その2917 『逢坂誠二の徒然日記』(4561)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください