7月11日 その2929 『逢坂誠二の徒然日記』(4573)

掲載日:2015.07.11

布団から抜け出し、

東京滞在中の6日から10日までの

日めくり一枚、一枚を丁寧に引き抜いて、

一週間を振り返る。



昨夕、帰函し地元活動を開始している。



今朝も、都内の雨や高温多湿とはうって変り、

スッキリした爽やかな青空が広っている。



5枚の日めくりを引き抜きながら、

目まぐるしい今週に、ため息だ。



安保法制の議論は相変わらず酷い。







1)日韓・韓日議連合同総会

昨日、第38回の日韓・韓日議連合同総会が、

都内のホテルで開催された。



毎年、日本と韓国、両国が

交代で会場を引き受けて開催しているものだ。



今年は、日韓国交正常化50年の節目の年。



ところがこの2年あまり日韓の関係は悪化の一途だs。



昨日の総会の挨拶でも、

例えば次のような言葉が相次いだ。



====





両国政府の不信と対立、

国民レベルの反日・反感感情の高まりなど、

両国関係の非正常化により、

韓日間の共生・共存の未来を全く期待できない状況に直面





韓日関係は、最も厳しい時期を迎えています



====



外交は、近隣諸国との関係を良くすることが出発点だ。



近隣諸国との関係が悪いまま、

離れた遠くの国との関係ばかりを良好にしても、

それは砂上の楼閣だと言われる。



だから日韓関係は、

最も大切にしなければならない外交関係なのだ。



しかし昨日も指摘があったとおり、

両国の政権交代以後、

首脳会談が実現できない異常事態となっている。



昨日の合同会議では、

両国間の厳しい現状認識と同時に、

次の話のように両国間の関係改善が必要であることが

繰り返し語られている。



====





両国の首脳同士が会って

虚心坦懐に懸案を解決していくべきです。

両首脳が会えるよう、我々韓日・日韓議員連盟が

全ての努力を傾注していきましょう



====



まったくその通りだと認識する。



対立だけを繰り返していても意味がない。



一昨年、ドイツ外務省での懇談などでも、

日本の近隣諸国との関係悪化を懸念する声が聞かれた。



私も両国間の関係改善のため、力を尽くしたいと思う。



国会議員は、地元のため、日本のために仕事と行うと同時に、

日本を代表する立場での仕事も重要だ。







2)福田元総理

昨日の日韓・韓日議員連盟合同総会で、

福田康夫元総理に久々にお会いした。



ご無沙汰をお詫びしつつ、

公文書管理法見直しの時期に来たことを話させて頂いた。



福田元総理からは、



「良い方向に、どんどん見直してください」



との言葉を頂き、がっちり握手をした。



福田元総理の公文書管理にかける熱意を

改めて確認させて頂き力強く感じた。



昨日の日韓・韓日議員連盟合同総会は

日韓関係の改善のみならず、

ほかにも実りの多い会合だった。



来年は、韓国のでの開催だが、

何とか出席したいと思っている。







今日は、函館、江差、森などを走り回る予定だ。



都内と違い、晴れ上がった空のもとで、

光度の上がった金星を

見ることができるかもしれない。



さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・7・11

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください