7月20日 その2938 『逢坂誠二の徒然日記』(4582)

掲載日:2015.07.20



今日は、都内で用務があるため、

昨日、函館での街宣後、上京した。



関東地方は梅雨明けとなった。



そのため今朝ももう暑い。



私にはすれば灼熱地獄だ。



体調管理に気をつけて過ごさねばならない。



今日は、海の日、そして夏の土用の入りだ。







1)説明

週末の地元、色々と地域を歩き回った。



イベントや街宣、さらに会合など、

多くの皆さんにお会いした。



皆さんが異口同音に話すのが、安保法制だ。



====



絶対に反対だ。



強引な安倍総理に閉口している。



廃案にして欲しい。



自分も何かをしたい。



====



今まで抑えられていた安保法制に否定的な声が、

一気に噴出した印象だ。



新国立国立競技場も国民の声で

白紙に戻ったのだから、

安保法制も白紙にして欲しいとの声も多い。



この2年余り訴え続けてきたことが、

多くの皆さんに理解されつつある。



立憲主義を壊す安保法制を

何としても止めねばならない。







2)原子力船むつ

日本初の原子力船旧「むつ」が、

4〜5年後に退役するようだ。



「むつ」は、1969年に建造。



現在、原子炉を取り外し

海洋地球研究船「みらい」として使われている。



文科省は後継の研究船の開発予算を

来年度の概算要求に盛り込む。



新船は2019年の完成をめざし、

この段階で、この旧「むつ」は姿を消す。



====



旧「むつ」は出力3万6000キロワットの

加圧水型原子炉を動力源とする実験船。



69年に進水。



74年の初臨界直後に放射線漏れ事故。



受け入れ港が見つからず50日間漂流。



4回の実験航海で廃船。



開発費は1000億円以上。



その後、旧「むつ」は約200億円をかけて

ディーゼルエンジンで動く研究船「みらい」に改造。



====



この「むつ」のことは非常によく覚えている。



放射能漏れ後、受け入れ港が決まらず漂流するシーンや、

多くの漁船などが入港を阻止した場面も鮮明だ。



さらに建造費よりも

はるかに多額の国費がかかってしまった。



何か今の核燃料サイクルなどを見ているような印象だ。







さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・7・20

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









One Response to 7月20日 その2938 『逢坂誠二の徒然日記』(4582)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください