7月28日 その2946 『逢坂誠二の徒然日記』(4590)

掲載日:2015.07.28



昨日は、朝早くから市場回り、街
宣、

そして函館市内で挨拶回りを行った。



その後、上京し、TPPに関する会合、

交付税に関する打ち合わせなどを行ったが、

飛行機が遅れた上、高速での事故も重なり

綱渡りの日程となった。







1)鴨居玲

一昨日から、道立函館美術館で

画家「鴨居玲展」が始まった。



鴨居玲は、以前から気になっていた画家だ。



作風は暗く、陰鬱な印象を受ける画風だ。



しかし何か心が抉られるようなインパクトがあり、

一度見たら忘れることのできない作品ばかりだ。



メッセージ性の強いロックなどの

LPジャケットにぴったりだとも感じていた。



その展覧会のオープニングセレモニーに出席後、

作品を見せて頂いた。



案の定、心が揺さぶられる強烈な衝撃を受けた。



権力に対する反骨の気持ちも感ずる。



====



今回のオープニングには、

鴨居玲を知り尽くす画商である

長谷川夫妻も出席された。



展示ホールでは、

長谷川智恵子さんに作品を説明頂くという、

普段では絶対に体験できない幸運にも恵まれた。



鴨居玲の苦悩の人生から、

今の時代に何をすべきなのか、感ずることも多い。







TPP交渉が大詰めを迎えている。



今のところどんな結果になるのか分からないが、

仮の政府間で交渉が妥結したとしても、

その内容を十分に精査し、

安易な批准は避けねばならない。



さあ今日も、しっかりと前進します。

============

      2015・7・28

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









One Response to 7月28日 その2946 『逢坂誠二の徒然日記』(4590)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください