7月31日 その2949 『逢坂誠二の徒然日記』(4593)

掲載日:2015.07.31



夜明け前の函館は、霧につつまれている。



気温は22度程度。



湿度が高く、昼に向かって降水確率が高くなる。



昨夕、帰函し二つの会合に出席した。



ところが夕方の飛行機が

予定よりも30分近くも遅れ、最初の会合は遅刻してしまった。







1)安保法制

参院での安保法制の議論が酷い。



====



総理補佐官が講演で、安保法案に関連し



「法的安定性は関係ない。

 時代が変わったのだから政府の

 (憲法)解釈は必要に応じて変わる」と述べた。



法的安定性は法治国家の大原則だ。



その時々で権力者が勝手に憲法解釈を変えてしまえば、

憲法が権力を制限する「立憲主義」は崩壊する。



この総理補佐官は、安保政策を担当している。



憲法解釈を変更した昨年の閣議決定や

安保法案づくりを主導してきた。



この補佐官は、安全保障上の必要があれば、

憲法をどう解釈しても構わないとの考えがあるのだと思う。



これはとんでもない話だ。



====



総理の答弁もますます意味が分からなくなっている。





絶対にない





断じてない





いささかもない



安倍総理の答弁で、

上記のような根拠のない断定口調が増えている。



====





戦争に巻き込まれることは絶対にない





徴兵制が敷かれることは断じてない





(専守防衛が)基本方針であることにいささかの変更もない



総理はこんなことを繰り返し答弁する。



さらに具体的な答弁を求められると、

条文をオウム返しに繰り返し読み上げる。



参院委員会の総理の答弁は、

こんな場面が多く説得力が全くない。



特に法案の合憲性に関しては、

全く説得力がない。



====



参院では、ホルムズ海峡問題以上に、

中国や北朝鮮を名指しして

危機感を煽って議論される場面が多い。



しかしそうなれば、それは集団的自衛権ではなく、

個別的自衛権で対応すべきものである可能性も高い。



ならば何のための今回の法案なのか、

全く意味不明の議論になってしまう。



====



総理や総理周辺の議論を聞いていると、

そもそも法的論理性や

法的安定性を度外視している雰囲気を感ずる。



多くの質疑者は、

法的論理性や法的安定性は当然の前提として質問をしている。



しかし答弁者が、そんなことを意識していないとするなら

やり取りはかみ合わないのは当然だ。



単にとにかく自衛隊の活動範囲を広げたい、

それが総理の本音なんだろうと感ずる。



こんなことでは、

法律を議論する国会としては、

滅茶苦茶なことになってしまう。







今日は本来、砂川市で講演の予定だったが、

急遽、衆院本会議が入った。



そのため函館市内一箇所で朝の街宣を行った後、

再上京となる。



函館も暑いが、

東京はもっと気温が高く猛暑日の見込みだ。



さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・7・31

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









One Response to 7月31日 その2949 『逢坂誠二の徒然日記』(4593)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください