8月1日 その2950 『逢坂誠二の徒然日記』(4594)

掲載日:2015.08.01



あっという間に8月だ。



昨朝は、函館駅前で街宣を行い、

午後からの本会議に備えて上京した。



函館も暑かったが、

都内はそれをはるかに上回る

頭や胸が圧迫されるような暑さだった。







1)避難計画

昨日昼過ぎ、私も提出者の一人となって、以前から準備していた、

原子力災害時の避難計画への国の関与を明確にする

「原子力災害対策特別措置法の一部を改正する法律案」を

議員立法として衆議院に提出した。



====



現在の安倍政権は、

原子力規制委員会の規制基準を

クリアした原発は安全とみなして稼働させるという。



一方、規制員会の田中委員長は、

規制基準をクリアしても

100%安全とはいえず万が一の事故はありうるという。



こんな現実の中で、

万が一の事故の際の避難計画などが、

大変重要なものになるが、

現在、その計画への国の関与は曖昧だ。



====



福島原発事故で明らかになったのは、

あらかじめ予定していた避難計画が

機能しなかったことだ。



しかし現在も避難計画の策定は

自治体に丸投げになっており、

ちゃんと計画通り避難できるかを

国はチェックもしていないのが現実だ。



そこで今回の法案では、

原発事故が起こった際の避難計画を、

今以上に安全・確実なものとするため、

国と自治体が一体となって計画を策定し、

国が避難計画に同意を与えることで

国の責任を明確化するものだ。



このプロセスの中で、

地域の皆さんが安心できる

十分に機能する避難計画ができなければ、

原発の稼働は難しいものとなる。



====



この法案は、昨年の総選挙の際も

公約として話していたものであり、

与党の皆さんには、是非、この法律を

国会で真正面から審議してもらいたい。







今日は朝のうちに函館に移動し、

地元活動を行う。



その後、福祉のイベントのため

日帰りで夕張を訪問する予定だ。



さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・8・1

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください