8月7日 その2956 『逢坂誠二の徒然日記』(4600)

掲載日:2015.08.07



東京は今朝も異常な暑さだ。



朝の時点で気温は既に30度に迫る勢いだ。



予想最高気温は37度となっているが、

本当なんだろうか。



体温よりも気温が高い状態が続く。



====



今日午後の本会議を終えたら帰函だ。



函館の予想最高は23度程度とのことだ。







1)自己陶酔

安倍総理の発言、行動を見ていると、

本当に大丈夫かと思う場面が多い。



正確な用語は何を適用すれば良いのか、

必ずしも正確には分からないが、

自己陶酔、サイコパス、

ナルキッソスといった印象を強く受ける。



とにかく自分だけが正しく、

他者はどうでも良いのと雰囲気だ。



昨日の広島での総理の対応もそんな感じだ。



====



昨日の広島平和式典後、

安倍総理は、被爆者団体代表と面会した。



被爆者団体の皆さんは、

安全保障関連法案について



「被爆者の願いに反するものがあり、

危惧と懸念を禁じ得ない。

その最たるものが安保法案だ」



と撤回を要求したという。



ところが安倍総理は、

その危惧と懸念に丁寧に応えることはなく、



「戦争を未然に防ぐために必要不可欠だ」



とかわしたと報じられている。



====



この場面に限らず、思い込みが強く、

全体が見えていない印象だ。



こうした方がリーダーでは、

この国の将来は危うい。







2)核ミサイル

昨日も書いたが、安保法制に関する国会答弁が

恐ろしい状態になっている。



====



横畠内閣法制局長官は、5日参院で、:



「憲法上、日本が核兵器を

保有してはならないということではない」



と憲法上、核兵器を保有できると答弁。



中谷防衛大臣も、5日、

兵站で日本の自衛隊が、

核弾頭ミサイルや毒ガスについても

輸送が行えることになると認めている。



法文上、これらを排除していないことを機械的、

無機的に説明するのは無責任だ。



だったらこうした条文に対して、

どんな考えで、どう抑止するかを

具体的条文対応で語らねばならない。



条文上可能であり、あとは運用で対応するでは、

いかにも心もとない。







3)4600回

今日でこの日記が、

1997年11月に開始した町長室日記から通算して、

4600回目となる。

(国政に移ってからの通算は、今日で2956回目。)



紆余曲折はありつつも、随分と続いたものだと、

切れ目の良い回数になると、いつも思う。



とにかく色々な困難はあるが、

これからもこの日記は続けたいと思う。







今日は下弦の月だ。



ここ3日間、いつも以上に睡眠時間が少なく、

一日、3時間程度しか眠っていない。



今夜も帰宅は遅くなりそうだが、

少し睡眠時間を確保する努力を

しなければならない。



さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・8・7

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









2 Responses to 8月7日 その2956 『逢坂誠二の徒然日記』(4600)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください