8月8日 その2957 『逢坂誠二の徒然日記』(4501)

掲載日:2015.08.08



今週は、いつもにも増して睡眠不足状態になっいる。



振り返ってみると平均3時間程度。



これはまずいということで、

今日は遅めの始動だ。



====



昨夕帰函し、会合や地域のイベントなどに出席した。



当初は5箇所訪問の予定だったが、

最終的には8箇所で、

多くの皆さんと話をさせて頂いた。



感謝、感謝の時間を過ごしている。







1)とんでもない発言

「自分の気持ちが言いたいなら、法案が通ってからにしてくれ」



「法案を一日も早く成立させることが優先順位の一番だ。

今は政府与党の国会議員という立場を踏まえて

発言してもらわないと。」



====



これは、

自民党の武藤貴也議員が、

安保法案への反対デモをしている

学生団体「SEALDs」について

「戦争に行きたくないは、利己的個人主義だ」などと、

発言したことを念頭においた、麻生財務大臣の発言だ。



この武藤議員や

礒崎総理補佐官の法的安定性関係ない発言など、

無茶苦茶な発言が頻発しているが、

麻生大臣の発言は、さらに恐ろしい発言だ。



====



安保法案を議論している間は、真意を隠すこと。



法案が成立したら何を言っても良い。



====



麻生大臣の発言から、こんなことが読み取れる。



大事なのは、真意を脇においてこの場を凌ぐことではない。



政府与党が何を考え、本当に何をしたいのかを明確にして、

それを国民に問うことだろう。



実は安倍政権は、ずっとこの争点隠しの手法を使っている。



総理は今になって、昨年末の総選挙の争点は、

安保法制だったかのような発言を行っている。



これほど有権者を馬鹿にした発言はない。



昨年末の解散時、消費増税を先送りしたので、

その是非を問う選挙だと総理は言っていた。



そんな選挙は変だと多くの方が行っていたが、

安倍総理は、税制やアベノミクスを問う選挙だと

繰り返し言った。



しかし今になって、あの選挙は

安保法制を問うた選挙だと言い始めている。



こんな姑息なやり口はない。



====



麻生大臣の発言は、

今回も同様の手口を取ろうということに聞こえる。



法案審議の最中に本音・本心を言うな。



法案が成立後に、自由に本心を語ろう。



政府与党にこんな思いが蔓延している感じがする。



この不誠実な政治の現実を認めるわけにはいかない。







今日は、立秋だ。



暑い日が続くが、

今日以降は暦の上では残暑となる。



そして今日は、そろばんの日。



子どもの頃、そろばんに集中した時期があった。



汗を流しながら、そろばんをはじいた

50年近く前の夏の日を思い出している。







さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・8・8

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









One Response to 8月8日 その2957 『逢坂誠二の徒然日記』(4501)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください