8月10日 その2959 『逢坂誠二の徒然日記』(4503)

掲載日:2015.08.10



函館の日の出は、午前4時39分。



夜明前の空は雲が多い感じだ。



気温は既に20度を上回っている。



今日は終日雲が多く、日中には一時雨になる予報だ。



気温は高く26度程度の予報だ。







1)演武大会

各地での夏祭りにお邪魔しているが、

昨日午前は、第14回演武大会を拝見した。



今回の大会は、函館アリーナの

武道館落成記念として実施された。



冒頭は、他の用務と重なって遅れての参加となったが、

1時間半に渡って、函館地域の武道の

裾野広さ、層の厚さを実感する大会となった。



演武は次のとおり。



弓道、柔道、合気道、杖道、剣道、

少林寺拳法、空手道、居合道。



私自身、これほどまとまって武道を見るのは初めてだ。



張りつめた空気の中で、

見ている私もついつい緊張しつつ拝見した。



空手道の試割には、私の知り合いが出場した。



野球のバット、木製の板、ブロックを割ったのだが、

会場の皆さんも息を止めて、

迫力と緊迫感のある場面に見入った。



見事成功すると万雷の拍手となった。



====



こんな大会が開催できる

函館アリーナの武道館も素晴らしいし、

昨日はバスケットボールの大会も開かれていた。



オープン直後のアリーナは、

グレイのライブをはじめとして

上々の滑り出しとなっている。







2)拍手

長崎に原爆投下されてから70年目となる昨日、

長崎市平和公園で平和祈念式典が開かれた。



長崎市の田上富久市長が平和宣言の中で、次のように述べた。



====



「現在、国会では、国の安全保障のあり方を決める

法案の審議が行われています。



70年前に心に刻んだ誓いが、日本国憲法の平和の理念が、

今揺らいでいるのではないかという不安と懸念が広がっています。



政府と国会には、この不安と懸念の声に耳を傾け、

英知を結集し、慎重で真摯な審議を行うことを求めます。」



====



田上市長がこの安保法制に言及すると、

会場には自然発生的に拍手が沸き起こった。



これが今の多くの国民の心に流れている感覚なのだと思う。



これに対し、式典後の記者会見で

安倍総理は次のように述べた。



====



安全保障関連法案について



「戦争を未然に防ぐためのもので、

国民の命と平和な暮らしを守り抜いていくために

必要不可欠なものだ」と強調。



「外交を通じて平和を守っていくことが

重要なのは言うまでもない。

今後とも積極的な平和外交を進めていく」



日本をめぐる安保環境が厳しさを増しているので

「万が一への備えを怠ってはいけない」



安保法制の整備が戦争につながるとの指摘について、

「私たち日本人は、誰ひとりとして戦争など望んでいない」



====



戦争を未然に防ぐ、根拠、論理が不明確だ。



安倍総理の言うところの

積極的な平和外交の内容が極めて曖昧で、

逆に危うさや平和主義と別だとの懸念がある。



安保法制の厳しさが増していることが、

なぜ集団的自衛權の行使なのか、その説明がない。



安保法制のへの懸念に対して、

日本人は誰ひとりとして戦争など望んでいないとの発言は、

何のつながりもない言い訳で、受け答えになっていない。



安倍総理の発言は、常にこうしたことに終始して、

国民感情とは噛み合っていない。



====



先日の広島、そして昨日の長崎の式典を通して、

安倍総理への懸念、

不信の度合いはさらに高まった印象だ。







今日は朝の定例街宣を行った後、

苫小牧での会議に向けて移動する。





さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・8・10

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください