8月14日 その2963 『逢坂誠二の徒然日記』(4607)

掲載日:2015.08.14



昨日は朝、函館を出発して、

戸井、恵山、椴法華、南茅部、鹿部、砂原を回った。



その後、長万部入りし、今朝は長万部で朝を迎えた。



道路の脇では、もう既に薄が穂を出している。



朝の長万部の空気はヒンヤリして、気持ちが良い。







1)安保法制

国会での審議は、お盆で休戦状態だが、

地元を回ると、とにかく反対や懸念の声が多い。



党では、日本の安全保障を

どうするかの議論が行われている。



これは当然のことだろう。



自分たちとして安全保障、防衛をどうすべきかを

十分に議論し政策を作り上げることは重要だ。



安倍総理は、自衛隊をホルムズ海峡など、

遠い地域にも派遣し、

さまざまな活動をすることを繰り返し述べている。



しかし私たちは、日本そのものの守りを

強化することが先決だと考える。



特に日本の領域をしっかり警備することであり、

万が一、日本周辺で事が発生した場合に

確実に対応できる方策を確立することが重要だと考えている。



近くは積極的かつ確実に、

遠くは抑制的にとの考え方だ。



====



そしてこれを法案化し国会に提出するかどうかは、

慎重に検討すべきだと思っている。



どんな法案を提出しても安倍内閣や与党が、

真正面から受け止めて

議論する雰囲気には感じられない。



とく安倍総理の答弁を聞いていると、

呪文のように同じこと繰り返したり、

自説をとうとうと述べるばかりだ。



これでは議論にはならないし、

法案を提出しても袖にされるだけだ。



それよりも何よりも、

違憲との指摘が相次ぐ法案と

同じ土俵に上がることは、

違憲法案に正当性を与えかねず相当にリスクが高い。



だから我々がまず主張すべきは、廃案ということだ。







今日は、長万部、八雲、森を回って、

夕方には帰函する予定だ。



訪問先では、ついつい話し込んでしまい、

予定通り、たくさんの場所に立ち寄れず

申し訳なく思う。



さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・8・14

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください