8月20日 その2969 『逢坂誠二の徒然日記』(4613)

掲載日:2015.08.20



昨日は、函館市主催の

戦没者追悼式に参列後、上京した。



上京後、来週以降の委員会などに備え

幾つかの準備を開始している。



お盆の地元活動三昧から、

国会活動へ移るための

モラトリアム的時間だ。



それにしても私の腕も顔も黒い。



====



夜明け前の東京は、雲が多い感じだ。



気温は既に24度程度だが、

日中の予想最高は27度。



暑いには違いないが、

一時期に比べると10度近くも気温が低く、

徐々に過ごしやすい感じになっている。







1)民主党に足りないもの

今日は、与野党や国会周辺政治関係者など様々な方が集まる

早朝からの勉強会でスピーカーを頼まれている。



依頼されたテーマは、「民主党に足りないもの」。



民主党に足りないものは、数多くあるが、

それらが他の党に備わっているかどうか私には、

必ずしも分からない。



従って「民主党に足りないもの」であると同時に、

政党一般に必要なもの的な観点で、

次のようなことについて話をしたいと思う。





==民主党に足りないもの==



Ø

金(カネ)に対する認識が甘い



選挙は、良くも悪くも衆愚性を帯びている。



有権者は、完全論理的な政策だけを見て、

一票を投ずるわけではない。



補助金や税制措置など、

自分に有利な我田引水的、利益誘導的政策に

誘引される可能性は否定できない。



そうしたことに思いを巡らすことの是非はあろうとも

それが政治の現実だ。



選挙はある種の人気投票であり、

一票でも多く票を獲得せねばならないが、

こうしたことに対する認識が希薄だ。



経済政策についても同様だ。



有権者が政治に期待することの上位は、



常に景気経済対策だ。



つまり自分の懐を潤すような政策を常に期待している。



こうした有権者の思いを念頭に置いた、

経済政策に対する認識が弱い。



政策とは別だが、

官房機密費や政治資金などについても淡泊だ。



====



Ø

義理人情の欠如



政治や政策は論理的な側面が大切だ。



しかし論理で割り切れないことも多い。



単なる好き嫌いで判断することも現実だろう。



こんな中で、盆暮付届け、宴席など、

人の心をつなぐ工夫が少ない。



どんなに弁が立とうとも、論理的に正しかろうが、

年長者を敬うなど長幼の序が欠如している。



逆に、年長者をはじめ組織として後輩を育てる、

後輩に継承するなどの気風が希薄だ。



====



Ø

政策の不存在



政治の世界には、多様な価値観、多種多様の方々、

有象無象の利害が存在している。



こんな中では、論理的に正しい政策であったとしても、

簡単に自動的に実現するものではない。



政策の肝は、論理性に加えて、

実現可能性があるか、

あるいは実現可能性が少ないものであっても、

実現させるという強い意志が必要だ。



実現に対する具体的手順や意志のないものは、

政策とは言えない。



====



Ø

権力欲に乏しい 



政治の現場は、権力闘争であり、そこには論理も何もない。



単に権力や地位にしがみつくという醜い姿かもしれない。



政策の論理性だけを掲げても、

こんな世界の中では、

駆逐される可能性が高い。



非論理的であったとしても、

自分の政治理念、政策目的を実現するためには、

野人のような権力への執着心が必要だ。



逆に執着心のない政治家は、

有権者にとって弱く頼りない

信頼できない存在に見えることがあるのではないか。



権力への執着心が、

政治を動かす力の源泉の一つ。



====





暇な引退老人・長老の存在



全員が第一線のプレーヤになっており、

全体を俯瞰して総合最適を見通す力が欠如している。



個別政策や個別大臣が最大限の頑張りをしても、

その集合体である内閣が

良いパフォーマンスをしたことにはならない。



部分最適の集合体は、必ずしも全体最適ではない

ということが、理解できていない。



全体を俯瞰して塩梅する政治家(長老)の存在が必要だ。



====



こんな話に加えて、経済と政治のことや、

今後の社会の行く末についても言及したいと思う。







今日の東京の日の出は5時3分。



夏至の頃は、4時25分頃だったので、

30分も日の出が遅くなった。



気が早いが、東京も徐々に秋に向かっていく。



さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・8・20

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









2 Responses to 8月20日 その2969 『逢坂誠二の徒然日記』(4613)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください