8月22日 その2971 『逢坂誠二の徒然日記』(4615)

掲載日:2015.08.22



函館の朝、路面は 濡れているが雨は降っていない。



昨夕、最終便で帰函し、幾つかの行事に出席した。



多くの皆さんと、意見交換をしたが、

やはり中心は安保法制だ。



とにかく反対、絶対ダメとの意見ばかりだ。



この声が、政府与党、そして総理には、

全く届いていない。



昨日の参院特別委員会でも

総理のとんでもない姿勢があらわになった。



他国軍の武力行使との一体化の基準を表す

「大森4要素」に関する中谷大臣の誤った答弁について

蓮舫議員が指摘している最中のことだ。」



蓮舫議員が「混同している」と指摘すると

安倍総理が「そんなこといいじゃないか」と

自席からヤジを飛ばしたのだ。



以前、安倍総理は

「早く質問しろよ」とヤジを飛ばした。



今回のヤジは質問内容に注文をつけるもので、

これ以上に悪質だ。



総理が、答弁者の質問に

真摯に応えようとしていない姿勢があらわになっている。



こんな総理が、日本のありようを

根底から変えようとしていることに

改めて強い憤りを覚える。







さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・8・22

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









One Response to 8月22日 その2971 『逢坂誠二の徒然日記』(4615)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください