8月23日 その2972 『逢坂誠二の徒然日記』(4616)

掲載日:2015.08.23



函館は、雲の多い朝を迎えた。



昨日も、あちらこちらを走り回った。



介護の勉強会、福祉施設のお祭、

憲法の勉強会、神社のお祭、町会の盆踊りと、

色々な場で多くの皆さんと話をさせて頂いた。



やはり話題の中心は、安保法制だ。



反対との声ばかりだ。



また原発再稼働、大間反対の声も

相変わらず多い。



こんなに多くの皆さんが反対を唱えるという状況は、

自分の政治人生の中ではなかったことだ。



それほどまでに国民の皆さんは、

現状に対する強い危機感に

苛まれているのだと痛感する。



====



今日は処暑だ。



暑さも峠を越える時期だ。



北海道では、完全にその雰囲気になっている。







1)民主主義

国会で与党が多数勢力を握っていれば、

もう何をしても与党の考えを覆すことはできない

と考えている人も多いと思う。



確かに何を議論しようとも、与党が多数なのだから、

与党の思い通りに、国会では何でも成立してしまうと考えがちだ。



しかし、これは違っている。



与党が多数を握っていようとも、

やはり国民の多くの皆さんの声が、

国会や政府与党の動きを

牽制する役割を果たしている。



====



たとえば8月14日に発表された総理の戦後70年談話。



これは当初は、もっとアグレッシブな内容ではないかと予想されていた。



しかし結果的には、極めて曖昧な、主体の分からない内容になった。



もちろん私は、この談話を評価しないが、

当初予想と後退せざるを得ないことになったのは、

国民の皆さんの声があったからだと思う。



安倍総理は安保法制の成立に躍起になっているが、

政府与党が重要だと位置付ける

他の多くの法案成立の目途が立っていない。



国会で与党が多数を握っているなら、

サクサクと成立しても良さそうなものだが、

ここにもブレーキがかかっている。



これも多くの国民の声があるからだろう。



法案だけではない。



衆院の原子力特別委員会がなかなか開催されない。



原子力は課題山積であり、

本来、もっともっと数多くの議論が必要だ。



しかし原子力に対する国民の厳しい声を前にして、

政府与党は完全に腰が引けているのだろう。



政府与党がこんな姿勢ではダメに決まっているが、

これも多くの国民の声にビビっている証拠なのだと思う。



====



確かに民主主義の意思決定の一つは、

代表制による多数決だが、

昨今の状況は、民主主義の本質は、

それだけではないことを明らかにしている。



民主主義には最終的には、

主権者である国民の皆様が、

その決定権を握っている。



夏祭りをはじめ、多くの場面で、

安保法制反対、原発反対の声を聞く。



その思いを具現化する大きな手立ては、

国民の皆様一人一人の行動なのだ。



だからひるむことなく、

諦めることなく行動を継続する必要がある。



私もさらに多くの皆さんの共感が得られるよう、

さらに声を大にして参りたい。







今日は上弦の月だ。



さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・8・23

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください