徒然日記

徒然日記

掲載日:2017.07.13

7月13日 その3611『逢坂誠二の徒然日記』(5308 )

今日はいつもよりも早く
屋外での活動を開始する。

そのため日記の書き始めも
夜明け前から開始となる。

函館の朝の気温は、
もう既に20度に達している。


1)性犯罪厳罰化法

性犯罪を厳罰化する改正刑法が今日、施行された。

多くの皆さんが、1日も早い成立を望んでいた法案だ。

ところが安倍政権は、
この法案審議を後回しにして、
閣議決定の遅かった共謀罪法案の審議を優先した。

成立が遅れると、
旧法では対象にならない性犯罪被害者の方々が、
1日あたり70人も生じてしまう。

政府与党もこんな事実を知りながら、
審議を先送りした。

会期末ギリギリになって審議を開始したため
衆院は参考人の皆さんから話を伺うことも
丁寧な議論をすることもできなかった。

色々と不備の多い国会審議となったが、
とにかく何とか成立できた。

その法律が今日から施行される。

====

強姦罪の名称を「強制性交等罪」に変更。

強姦罪や強制わいせつ罪などで起訴するのに
被害者の告訴が必要な「親告罪」規定を撤廃。

これまでの強姦罪は、
被害者を女性に限定していたが男性も含めることとし、
性交類似行為も対象。

法定刑の下限を懲役 3年から5年に引き上げ。

強姦致死傷罪は「強制性交等致死傷罪」とし、
法定刑下限を懲役5年から 6年に。

====

以上のように性犯罪が厳罰化される。

被害者らの声を反映し、
明治時代の制定以来、110年ぶりの改正だ。

政府与党の対応に不満あるが、 何とか成立できた。

関係者の皆さんの御労苦に敬意を表したい。


2)共謀罪法と治安維持法

11日に施行された共謀罪法が、
戦前の治安維持法と似ているとの指摘も多い。

そんな中、朝日新聞HPで、
興味深い記事に出くわした。

====

タイトルは、

「無理やり質問終了…
「共謀罪」と治安維持法、似ている?」。

====

《無理やりに質問全部終了》

《反対の叫び空しく 治安維持法けふ生る》

《社会運動が同法案の為抑圧せられる事はない――警視庁は語る》

====

これは、いずれも治安維持法が成立した
1925年の朝日新聞の見出しを、
今の漢字で書き改めたものだという。

この見出し、まるで今回の
共謀罪法にぴったり当てはまる。

何とも驚きの事実だ。

====

記事の中で、中沢俊輔・秋田大准教授が、
同法と共謀罪法との共通点を次のように指摘する。

(1)
特定の目的を持つ団体が対象

(2)
治安維持法はロシア革命、
「共謀罪」法は国際組織犯罪防止条約と
いずれも国際的要因がある

(3)
廃案になった過去を踏まえ
法案を修正したと指摘

こうした共通点があるのも驚きだ。

====

中沢准教授は次のように話す。

「治安維持法が『思想』を摘発したのに対し、
改正組織犯罪処罰法はあくまでも『犯罪』が対象。
本質的に異なっており、
簡単に『歴史は繰り返す』とは言えない」と強調。

しかし拡大適用を防ぐ必要はあるとして
「対象となる277の罪の絞り込みなどの議論は
今後も続けていくべきだ」と話している。

====

この指摘を待つまでもなく
共謀罪法については、問題山積のため、
今後ともその内容を精査する必要がある。


早朝からの活動開始で、
相変わらずの睡眠不足だが、
さあ今日も、確実に前進します。
== 2017.7.13 ==

おおさか誠二(2017.07.13)|徒然日記コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

このページのTOPへ戻る