徒然日記

徒然日記

掲載日:2017.08.19

8月19日 その3648『逢坂誠二の徒然日記』(5345 )

相変わらず今日も雲の多い朝だが、
日の出の時刻、
少しだけ東の空に雲の隙間ができた。

そこから太陽の光が少しの時間差し込んだ。

函館で太陽を見るのは、本当に久しぶりのことだ。

それほどこの夏の天候は異常なことになっている。


1)挨拶回り

昨日は、市内の各方面の挨拶に歩いている。

多くの皆さんにお会いして、
様々なご意見を伺っている。

最も多い意見は、安倍政権への批判と
その受け皿になれない民進党への批判だ。

来週から民進党の代表選挙が本格的にスタートするが、
誰が代表になろうとも挙党一致体制で、
国民の思いを確実に受け止められる体制づくりを
着実に進めなければならない。

理念のない政治は意味のないものだが、
戦略のない政治も意味がない。

国民の生活と命を守るために、
理念をしっかりと掲げ、
それを具体的に実現するための戦略と
強い意志を持たねばならない。

それにしても昨今の政治の現場を見ていると、
決断とそのタイミングの重要さを痛感する。

一方で、中身の希薄な決断であっても、
タイミングさえ合えば、
マスコミの注目を集めることも多い。

これが現在の政治を劣化させる
要因になっていることにも留意が必要だ。


2)イカへの補助

今年もイカの不漁が続いているが、
函館市が外国産イカの購入費用として
総額1億円を助成する方針を決めた。

1キロ当たり100円、千トン分を支給。

1キロ当たり200~300円だった
外国産加工用イカの相場は、
近年、500円程度まで急騰。

国では本年度のイカの追加輸入枠を
前年度の2倍の3万8千トンとする方針を決めている。

今年の輸入枠は11万2950トンと
2年続けて過去最大の見込み。

2016年の函館のスルメイカ漁獲量は
約8千トンで、10年前の5分の1。

試験機関の漁獲調査では今季も低水準の見通しだ。

こうした中での函館市の補助決定は
多くの方から歓迎されるだろう。

ただしイカを取り暑う事業者にも
随分と濃淡があるのが現実だ。


この濃淡にどう配慮し、
公平感のある内容とできるのかが
今回の補助の鍵になると感ずる。


さあ今日も、確実に前進します。

==  2017.8.19 ==

おおさか誠二(2017.08.19)|徒然日記コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

このページのTOPへ戻る