地域があって、

国がある。

逢坂誠二徒然日記#6907

2021.11.28

代表選挙10日目の朝です。東京の朝の気温は5度程度です。昨夜も遅くまでネット番組に出演しました。今日は朝からザ・プライブ(フジテレビ)に出演です。1)乱立代表選挙前のコロナ対策本部でワクチン接種証明が乱立し、混乱する...

もっと見る

新着情報一覧を見る

理念・政策

もっと見る
コロナ対策と医療福祉の強化

コロナ対策と医療福祉の強化

  • 今の最大の課題はコロナ感染対策です。事業者や個人への支援を強化し、ワクチンの円滑な接種に全力を尽くします。
  • コロナ禍によって明らかになった日本の医療や福祉の弱点を強化するため、医療福祉従事者の処遇の改善、地域ごとに偏った医療や福祉資源の改善に取り組みます。
  • 社会保険料や税の公平な負担を実現するため、消費税減税を含めた税制全体と社会保険料改革に取り組みます。
大間原発を止め、地域を豊かにする経済の実現

大間原発を止め、地域を豊かにする経済の実現

  • 国から事業主への支援によって若者や働く皆さんの賃金底上げを図り、地域経済の活性化、少子化対策、高齢者を含む社会保障基盤の強化を図ります。
  • 地域の1次産業への投資を強化すると同時に、地元産品を加工し、観光とも連携した6次産業化を推進します。
  • おおさか誠二の質問で、大間原発の稼働は事実上、無理な状態になりました。これをさらに確実なものとして参ります。
  • 再生可能エネルギーなど地域地消型エネルギー社会の構築、建物断熱化の促進で地元企業の受注機会を増大させます。
教育への投資と文化芸術の振興

教育への投資と文化芸術の振興

  • 大学を含む教育への自己負担の大幅な低減を図り、教育の格差解消を図ります。
  • 若者から高齢者、働く世代など、全ての世代の方の必要に応じた多様な教育の場づくりに取り組みます。
  • 地域の魅力を高め私たちの心を豊かにする文化芸術の振興を柱にすえた、持続性のある地域づくりを推進します。
災害に強く生活を豊かにする公共投資を進める

災害に強く生活を豊かにする公共投資を進める

  • 大規模災害から命や暮らしを守り、私たちの生活を豊かにする次をはじめとする公共投資を果敢に進めます。
  • 高速道路整備(大沼トンネルや木古内までの開通、江差・松前までの事業採択)
  • 新幹線札幌延伸工事の促進
  • 一般道の整備(中山峠新トンネル工事促進など)
  • 若松地区クルーズ船岸壁の工事促進など湾港の整備
  • 乙部町館浦の国土土砂崩れなど危険箇所への早期対応
  • 老朽化した道路など公共施設、社会基盤の維持更新
  • 第二青函トンネルの実現に向けた取り組み
  • 災害用病院船の整備

政策報告チャンネルへ

プロフィール

"地元道南の皆様のため、全力を尽くします。"

1959年4月24日生まれ
衆議院議員(立憲民主党北海道8区)

おおさか誠二ニュース