徒然日記

10月9日 その3019 『逢坂誠二の徒然日記』(4663)



本日、都内で早朝から朝食勉強会を開催する。

そのため昨夜、遅い便で都内入りの予定だったが、
北海道が悪天候のため飛行機の欠航が相次いだ。

そこで函館での仕事を早めに切り上げて、
昨夕、都内入りした。

昨日の東京は、
北海道が強風で大変な状況になっていることを全く感じさせない
青空の広がる実に穏やかな天候。

今朝も、夜明け前の空にも雲がない。

いつも思うことだが、日本は広い。

1)ゴーマン美智子さん
女子マラソンの草分け的存在だったゴーマン美智子さんが、
先月19日に亡くなっていた。

80歳だったという。

1973年に初挑戦したマラソンで
2時間46分36秒の世界記録(当時)を樹立した。

翌年のボストン・マラソンでも優勝。

1977年のボストン、
1976、77年のニューヨークシティー・マラソンも制した。

女子選手のマラソンは、
今や当たり前のことになっているが、
1970年代は、そんな雰囲気ではなかった。

記録などよりも、
女子選手が走ることだけで話題になった。

そんな頃に、着実に実績を積み重ね、
女子マラソンの基礎を築いた一人が、
ゴーマン美智子さんだった。

その頑張りに心から拍手を贈りたいと思う。

合掌。

今日は勉強会のため、
早めに永田町入りだ。

さあ今日も、確実に前進します。
============
      2015・10・9
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/








  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です