徒然日記

11月13日 その3054 『逢坂誠二の徒然日記』(4698)



今日もいつもどおり朝4時に目が覚めた。

ウズベキスタンと日本の時差は4時間。

日本の朝4時は、ウズベキスタンの午前零時だ。

この程度の時差ならば、
1,2日で元の状態に戻る。

気になるニュースが多いが
全てに言及することはなかなか難しい。

1)力を集中して
前原元外相と細野豪志政調会長が、
野党再編に向けて民主党が
「解党」を決断すべきだとの認識で一致。

前原氏は岡田克也代表に申し入れた。

こんなニュースが流れているが、
今、民主党に必要なのは何か。

====

今年の通常国会をとおして国民は、
安倍政権の暴走を止めること
特に立憲主義、民主主義、平和主義に反する
安保法制の廃止を期待していると感ずる。

私自身も、こんな暴挙は許すことができない。

そのために野党勢力が力を集中すること、
結集することが大切だ。

今ここで分裂して、力を分散させることではない。

もちろん今のままの民主党で良いとは思わない。

解党的な出直しが必要なことは言うまでもない。

しかしそれは党内路線の対立によって、
党を分断させるようなことではないはずだ。

そしてタイミングが悪い。

こうした解党的出直論は、
議論の時期が大切だ。

本来ならば、
今年の国会の最終版が狙い目だったのだと思うが、
その時期を逸してしまった。

だから今は、野党結集に全力を注ぐべきだし、
来年の参院選挙、
あるいは衆参同時選挙対策を確実に行う時期だ。

====

民主党に国民が何を期待しているのか、
どうすれば国民の期待に民主党が応えられるのか、
その確実な受け皿に民主党がなれるかどうか、
そこに鍵がある。

2)ウズベキスタン その1
数日間のウズベキスタン滞在だったが、
その様子を何度かに分けて記したい。

====

タシケント空港に着陸したのは19時20分頃。

早速パスポートコントロールに向かう。

行先の表示はシンプルで、
あまり数は多くはないが、迷うことはない。

機内の席が後ろで降機は遅め。

パスポートコントロールの前には、
もう既に大勢の方でごった返している。

並ぶ列に迷ったが、
あまり整然と並んでいる雰囲気はない。

何となく人の塊ができ、
窓口の数人前のところで列になっている。

仕方がないので、
その人ごみに入り込んで何となく順番を待つ。

====

どこの国でもパスポートコントロールの窓口は、
横一線に並んでいることが多い。

ところが人ごみに入って気づいたのだが、
タシケントの窓口は、横一線ではなく、
正面に6つ程度の窓口があり、
右側に45度ほど折れた場所に4つ程度の窓口がある。

つまり窓口が横一線ではなく、
斜めに配置されている。
これは珍しいパターンかもしれない。

斜めに折れ曲がった窓口に
正対する位置に両替所がある。

これじゃ、両替所の場所が見えないし、
パスポートコントロールに並ぶ人が邪魔になって、
両替所は実に利用し難い。

====

結局、並んでいるのどうか良く分からない人ごみの中から、
窓口の前で最終的に数名の列になり、
パスポートコントロールを抜け出たのは、
20時20分頃だった。

次は手荷物の受け取り。

ターンテーブルは、
どこの国にもある何の変哲もないもの。

しかしカーブの折れ曲がりが急すぎるのか、
コーナーで、幾つかの荷物が落下し先に流れない。

そのため、多くの人がこのコーナー付近に集まって、
自分の荷物を確認する。

荷物受け取りの皆さんがほぼ居なくなった頃、
私の荷物がやっとターンテーブルに現れた。

次は、通関。

所持している円、ドルの額、
国内に持ち込む携帯やパソコンなどを申告用紙に記入する。

作成は同じものを二枚。(複写ではなくそれぞれに記入。)

一枚に、スタンプとサインが記され、私の手元に戻る。
この一枚は、出国時に再度利用することになる。

====

これで手続きを終えて、やっと入国だ。

さあ今日も、確実に前進します。
============
      2015・11・13
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/








  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。