徒然日記

12月22日 その3093 『逢坂誠二の徒然日記』(4737)

冬至の朝を沖縄で迎えた。

寒くない冬至は初めてのことだと思う。

昨日、県庁や市町村の関係者から
沖縄一括交付金、さら辺野古問題の国と自治体の関係について
聞き取り調査をしている。

一括交付金は、私が総理補佐官などを務めた際に制度を創設したものだ。

しかし自公政権は、それはダメな制度として、
法律の根拠も含め46都道府県分を廃止してしまった。

ところが沖縄県分だけは、継続して制度を残している。

46都道府県分は一刀両断に切り捨て、沖縄一括交付金は残した。

結局のところ一括交付金は使い勝手が良いものだとの評価が多い。

地方創生に関しても、一括交付金のように
自由度の高い制度を求める声が寄せられる。

昨日は、一括交付金の使い勝手などについて
聞き取りをさせて頂いた。

今日は、朝の便で国会に戻るため結果は、
後日、日記に記したい。

さあ今日も、確実に前進します。
========================
            2015・12・22

========================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です