徒然日記

12月24日 その3095 『逢坂誠二の徒然日記』(4739)

沖縄の一括交付金の概要は以下。

まず、いわゆるソフト中心部分。

平成27年度予算は、806億円。

県分488億円、市町村分318億円。
(配分は、県と市町村の話し合いで決まる。)

さらに市町村分は、基本枠と特別枠40億円に分ける。

基本枠は、人口や面積など外形標準的基準によって
機械的に市町村に配分する。

その額は、1自治体あたり2〜40億円程度。

これら配分された額の範囲で、人件費や公債費など、
一部充当禁止経費を除き、自主的な事業に使用する。

いわゆる補助率は80パーセント。

特別枠の40億円は、特定年度に多額の支出が必要な事業に
市町村からも要望によって交付する。

====

27年度のハード分予算は811億円

内閣府に一括計上。

従来のひも付補助金のメニュー範囲で事業申請し、
交付決定後、担当省庁に移し替えて執行する。
====
県と市町村の配分は、
県知事と全市町村長で構成する沖縄振興会議で、
協議し決定する。
これが、一括交付金の概要だ。
評価などは、明日記そう。
====
東京から友人が来函した。
そのため昨夜は、ひろめひろめ荘に宿泊し、
温泉に入り、静かな朝を迎えた。
今日は、雪のないクリスマスイブになりそうだ。
さあ今日も、確実に前進します。
========================
            2015・12・24

========================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です