徒然日記

1月18日 その3120 『逢坂誠二の徒然日記』(4764)

昨日は、函館事務所で、今年初の常任幹事会を開催し、

その後いつもの通り市内で街宣を行った。

昼過ぎからは、新年行事などに出席し、
今日都内で、用務があるため午後の便で上京した。

ところが今朝、目覚めてビックリ。

都内が、雪で真っ白なのだ。

昨夜は、雪が降るような気温ではなかったように思うが、
たぶん午前零時過ぎから降ったのだろう。

積雪は数センチ程度だが、これほど降れば都内では大騒ぎだ。

交通機関も乱れているし、冬靴を持たない方も多く、
歩くのも慎重にならざるを得ない。

今日午後には帰函の予定だが、
予定通り国会へ、さらに空港へと迎えるのかどうか、

様子見の状態が続く。

====

最近、私の睡眠不足を心配して下さる方が多い。

確かにその通りなのだと思う。

最低でも六時間は確保したいと思うが、せいぜい四、五時間が関の山だ。

こんなことではいけないと思うが、如何ともし難いのが現実だ。

====

安倍政権が、使用済核燃料の再処理への国の関与を強化しようとしている。

電力自由化で、既存電力各社の経営環境が変化して、
収益が悪化した電力会社が再処理から撤退する可能性があるため、
撤退しにくい方策を講ずるというのだ。

これは何を意味するのか。

結論を先に言えば原子力発電や再処理は、
市場原理の中では採算が取れないということなのではないか。

しかも十分な検討もないままに、
再処理が前提となっている。

一部の国を除き各国が再処理から撤退する中で、
あくまでも再処理にこだわるならば、
もっとその理由を明確にしなければならない。

さあ今日も、確実に前進します。
=====================
          2016.1.18

=====================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。
  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です