徒然日記

2月24日 その3157『逢坂誠二の徒然日記』(4801)

昨日、急遽、15分という短時間だが、
総務委員会で質疑を行った。

今日は、その引き続きで、これも急遽、
1時間に渡って、総務委員会で質疑を行う。

====

今日の質疑のポイントは次だ。

昨年11月下旬から
NHK理事会、経営委員会の議事録がどうもおかしい。

この間の議事録全体を読むと整合性がとれていない印象を受ける。

都合の悪いことの記載を省略している印象だ。

こんなことでは、国民のへの説明責任は果たせないし、
NHKの内部統制上も極めて大きな問題だ。

NHKが民間団体なら、
そうしたこともあるのかもしれないが、
国民の受信料に支えられる公共性の強いNHKに、
こんな出鱈目は許されない。

====

放送法第4条は、法規範性があるというのが、

従来からに政府の姿勢だという。

これまで政府は、4条に反するかどうかを、
その放送局の放送全体(番組全体)を見て、
しかも極めて謙抑的に判断するとしていた。

ところが昨年5月の参院の質疑で、
高市大臣は、政治的公平性に関し、
個別の一つの番組を見て判断する場合もあると答弁している。

これは従来方針からの大転換だ。

しかし政府は、この番組一つを見て判断するということは、
従来の番組全体を見て判断するという考え方にの
補足的説明であり、従来方針を明確化したものだという。

この説明は、全く理解できない。

従来方針の補足説明でもなければ、明確化でもないだろう。

従来の転換というのが適切だと言うべきだろうし、
政治的公平性を一つの番組を見て、判断するというのは、
番組に対する政府からの圧力になり兼ねず、撤回すべき発言だ。

====

今日は、急遽、総務委員会が開催されるため、
予定が突然、立て込むことになった。

選挙制度に関する与党への説明、
企業団体献金に関する野党からの説明など、
極めて重要な日程も含まれている。

そのためいつもより早く国会入りし、
今日の日程に備えることになる。

====

たぶん多くの国民の皆様には、
なかなか理解してもらえないことだが、
国会での様々な日程は、
あらかじめ早い段階で決まっているものも多いが、

前日や、半日前に突然決まるものも多い。

そのため国会議員は、
いつも日程変更が多くなってしまう。

何とも落ち着かないことだ。

いずれにしても、頭から足の先まで、
国会活動にどっぷりと浸かっている。

さあ今日も、確実に前進します。

=====================
            2016.2.24

=====================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。
  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です