徒然日記

6月21日 その3224『逢坂誠二の徒然日記』(4921)

今日は夏至。

九州で激しい雨が降っている。


昨夜、零時過ぎに南茅部を震源とする
震度4の地震があった。

先日の地震の余震と思われる。


雨と地震。

日本全体がざわついた雰囲気だ。

特に九州や中国地方の

激しい雨による被害が心配される。



1)経済政策
参院選挙公示を目前にして、

様々な政策への関心が高まっている。


経済政策もその一つだ。

====

経済政策を語る前に現状をしっかりと把握したい。


安倍政権下の年平均実質成長率は、0.8%

旧民主党政権時は、1.7%


実質成長率には、二倍近い差がある。

この現実を多くの国民の皆さんは知っているのだろうか。


====

給与を物価上昇で割り引いた実質賃金は、

2010年を100とすれば、最近は95と下がっている。


だから個人消費が伸び悩んでいる。

こうした事実を国民の皆さんは、把握しているだろうか。


====

非正規雇用は、雇用全体の40%に増加している。

====

アベノミクスなるものは、

完全に行き詰まっていると言わざるを得ない。


なぜか。

単に株価が上がっても、
その利益が国民に還元されないからだ。

国民に利益を還元する手法を考えねばならないのだ。

そして株価を釣り上げる手法が危うい。


日銀が日本の借金を買い込むこと、
国民の年金原資などで株を買うこと、
預金しても利息がつかないマイナス金利など、
極めて危うい手法で使っている。

これらの手法が日本の将来に与える影響は極めて深刻だ。


====

民進党は、何をするのか。

普通の国民、庶民が潤うための三つの経済政策を実施する。

人への投資、働き方の転換、成長戦略、

この三つが経済政策の柱だ。


====

これらについては、
明日、また記したいと思う。



都内で用務があり、東京入りしているが、

夕刻には、明日からの参院選挙に備え、札幌入りする。

夕方、鉢呂吉雄事務所での出陣式、
明日朝は、鉢呂吉雄さんの第一声に同席する。


いよいよ選挙戦が本番突入だ。

さあ今日も、確実に前進します。

======================= 
             2016.6.21

=====================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です