徒然日記

8月5日 その3269『逢坂誠二の徒然日記』(4966)

今日の都内も気温が高くなりそうだ。

予想最高気温は、なんと35度。

あまりの暑さに溶けてしまいそうだ。


今日の午前は、都内で仕事を行い。

午後には帰函だ。

涼しい函館に、と思ったが、

函館も予想最高気温は29度。

やっぱり暑いが、
この時期、このくらい暑くなければ、
農作物の生育にも支障が出る。

暑い時期は暑くなる、

これが当たり前のことだ。



1)陳情
昨日は、来年度予算要望活動のため、
実に多くの皆さんが、事務所に来られた。

道路整備、農業、漁業、教育など、

その要望範囲は広い。

年金や福祉などに関する要望は、
比率としては多くはない。

即効性のある要望が多くなるのは理解できるが、
社会の将来を見据えた要望も
もっとあって良いのだろうと思う。


いずれにしてもこれら要望の実現に向け、
全力を尽くしたいと考えている。

====

それにしても、陳情行政完全復活だ。

その是非が語られることはない。


2)リーダーのあり方

民進党の代表選挙が来月実施される。

岡田代表が早々に立候補しないことを表明したため
新顔同士の選挙戦となる。

もちろん元職の出馬もありうるだろうが。

誰が出馬するのかマスコミでは喧しく報じられているが、
党内も含め、リーダーがどうあるべきかについて、

本質的な議論が行われることはない。


政治家には、色々なタイプがある。

画鋲が壁を突き刺すように、
ある特定の課題について、
一点突破するのも政治家のあり方だ。

一方、リーダーたるもの、
仮に一点突破型であったとしても

全体を俯瞰し、総合調整力を持つことが必須だ。

本人にその力がなかったとしても、
そうした人材を使いこなす力が必要だろう。

そして喋るべきことと、喋らないことの

メリハリをつけられる胆力も必要だ。


====

代表選挙にあわせて
国民的な関心を高めることも重要だが、
党内で、リーダーのあり方や党のあり方、
こうした議論が深まることも大切だ。



さあ今日も、確実に前進します。
=======================

 

              2016.8.5

=====================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 年金や福祉に関する要望が少ない理由は、当事者や関係者が多忙だったり、陳情・要請に際してハードルが高かったりするからではないでしょうか?
    産業や経済に関する要望をされる方々が、ヒマや力をもて余してるとは言いませんが・・・

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です