徒然日記

2月3日 その1652『逢坂誠二の徒然日記』



全国各地で大雪の被害等が発生しています。

こうした冬型の天候となりますと、
関東は晴天が続きます。

今日も夜明け前の東京の空には雲がありません。

東京にいると、
各地の豪雪が直接の皮膚感覚として
理解できないおそれがあります。

雪国生まれの私は、
多くの皆さんに、
豪雪の大変さ、辛さを伝える役割があります。

1)豪雪災害対策本部
こうした豪雪災害に対応するすため、
昨日午後、民主党内に
豪雪災害対策本部(本部長・樽床伸二幹事長代行)を設置し、
第1回会合を開催しました。

私は、事務局長の役割を担うことになりました。

樽床本部長が、
「全国で豪雪被害が発生している。
国民の皆さんの生命と財産を守るのが
政治の基本的な役割であり、
一刻も早く党として対応していかなければならない。
今後様々な状況に対し迅速に対応していきたい」
と挨拶をしています。

各省から、
被害状況や政府の対応状況について聞き取りを行った後、
出席議員から各省に対し、
万全の備えを行うよう指示をしています。

国土交通省には所管施設の除雪のみならず、
都道府県、市町村への支援、
総務省には特別交付税での対応や消防庁の取り組み等について
要請をしたほか、
内閣府、防衛省、農林水産省、厚生労働省、経済産業省に対しても、
それぞれ十分な対応を指示しました。

また予算委員会では総理、財務大臣から、
予備費などの活用も視野に入れた対策についての言及がありました。

豪雪被害に遭われた地域の皆様に、
心からお見舞い申し上げます。

今日は節分です。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
    2012・2・3 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です