徒然日記

8月25日 その3289『逢坂誠二の徒然日記』(4986)

午前4時、函館の空は、雲が少ないと思ったのだが、
1時間が経過し、
気づいたら空全体が低い雲に覆われ始めた。

朝の気温は20度。


真夏のうだるような暑さは、
完全に峠を越えた印象だ。


1)71年目の夏も

昨日、函館市戦没者追悼式に参列し、

戦没者の御霊に献花させて頂いた。

昭和19年に父が召集されたという遺族の方の挨拶を聞き、
改めて目頭が熱くなる。

昭和20年8月23日、父の戦死が知られたという。


自宅に届いたのは、白い布に包まれた白木の箱。

中には遺骨はなく、父の名前を記した紙が一枚入っているだけ。


当時12歳だったという彼女は、今もその日のことを、
そしてそれを知らされたときの母のことを
鮮明に覚えているという。

あれから71年目の夏となるが、彼女の心の中で、

戦争は終わっていない、そんな雰囲気を強く感ずる。


====

今年の夏も、
戦争に関する資料や、

戦争の史実に基づいた小説などを

集中的に読んでいる。

これらを読むと、今さらながらに、
戦争とは如何に愚かなものであるかを痛切に感ずる。


人を殺し合うことの異常さ。

そんな状態になると、
人間も社会もまともな判断ができなくなること。


冷静に戦況などを分析する者が
排斥されることも日常茶飯事だ。

====

日本近海などで、様々な事象が発生している。

その解決に全力を尽くすことは当然だが、
どんなことがあっても、絶対に戦争状態にしてはならない、

その強い覚悟が、今、改めて私たちの国に求められている。



今日は上ノ国町から活動を開始するため、

早朝のうちに移動を開始する。

そのため朝の街宣は中止となる。

さあ今日も、確実に前進します。

=====================

 
             

2016.8.25


=====================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です