徒然日記

8月27日 その3291『逢坂誠二の徒然日記』(4988)

確実に季節が変わった感じだ。

昨日の函館の夕空は、見事な夕焼け。

今日の晴れを予感させるものだった。

案の定、今日の午前4時、日の出前の東の空、

これも見事に晴れていた。


朝の気温は15度で、完全に涼しさを感ずる。


1)共謀罪

政府は、重大犯罪の計画を

話し合うだけで罪に問える「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ

組織犯罪処罰法改正案を、
9月召集の臨時国会に提出する検討を始めたという。

この法案は、2003年、2004年、2005年、

当時の小泉政権が国会に提出したが、激しい批判があり、

いずれも成立を断念せざるを得ない状況となった。


今回は、「共謀罪」の名称を「テロ等組織犯罪準備罪」に変え、

対象となる集団を絞り込むなど要件を見直すという。


テロ対策強化を強調したとしても、
共謀罪の本質は変わるものではない。

罪が適用される犯罪の範囲は、
「法定刑が四年以上の懲役・禁錮の罪」。


道路交通法や公職選挙法に触れた場合も含め
600超の犯罪が適用対象になる。

=====

テロ対策は重要なことだが、

それを隠れ蓑にして国家権力が

国民の様々な活動を事前規制することは、
相当に危ういことだ。


安保法制と合わせて、
日本社会を変質させるものになり兼ねない。

法案の詳細は、まだ分からないが、

相当に慎重な対応が求められる。




昨日に引き続き、今日も地元を走り回る。

さあ今日も、確実に前進します。

=====================

 
             

2016.8.27


=====================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です