徒然日記

9月3日 その3298『逢坂誠二の徒然日記』(4995)

函館は昨夕、霧に包まれた。

その名残なのか、
今朝も街全体が乳白色の雲と

霧に包まれている。


1)台風被害

昨日も、笹田浩道議とともに、

管内の台風被害調査を行っている。


そのため朝の恒例の街宣は、
函館駅前の一箇所のみとなった。

昨日は、松前、福島、知内、木古内、

北斗、七飯の各自治体を回ったが、

一昨日の噴火湾沿岸地域よりは、
多少、被害が少ない印象だ。


しかし確実な対策が必要なのは事実。

そのため各機関への働きを強めている。


====

道路面の大規模な崩落で通行止めになっていた、
道道大沼公園鹿部線は、シルバーウィークまでには、

何とか一車線の通行を確保する方向で具体的な対策が決定した。

地元の皆さんの強い熱意によって、
この道路の重要性が認識された結果、
早めの対応を決めることができた。


今日は、高橋亨道議、笹田道議、

さらに鉢呂参議も一緒に被害調査を継続する。




2)ウズベキスタン

ウズベキスタンのカリモフ大統領が死去した。

1995年、旧ソビエトからの独立以来、

四半世紀に渡ってウズベキスタンを
強い指導力で率いて来た。

独裁的な側面もあり、
国内外からの批判もあったのは事実だが、
国内の様々なせめぎ合いを押さえ込んで、

ある種の安定をもたらしていた。

昨年、ウズベキスタンを訪問した際も、

カリモフ大統領を賞賛する数多くの声を聞いた。

大統領の死去によって、
国内が混乱するのではないかとの観測もある。

今後の見通しは不透明だ。

ダンスの好きなカリモフ大統領に

心からの哀悼の誠を捧げたい。


合掌。


さあ今日も、確実に前進します。

=====================

 
             

2016.9.3


=====================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です