徒然日記

9月13日 その3308『逢坂誠二の徒然日記』(5005)

朝の散歩に出ようと思ったところ、東京の朝は雨。

残念ながら断念せざるを得ない。

函館では、朝の街宣があったりと、

毎日散歩に出られるわけではないため、

散歩の時間を確保できるのは貴重なことだが、

今朝は何とももったいない。


1)胃カメラ

昨日、胃カメラによる胃の検診を受けた。


結果は問題無し。

最近の胃カメラは、軽く麻酔をかけて行うため、
以前よりもさらに楽になっている。


所要時間は、来院から病院を出るまで、
およそ2時間あまりだった。

食生活が不規則になりがちだ。

栄養、睡眠、運動、このバランスに心がけて、

確実な体調管理を行いたい。

このバランスがしっかりしていることが、
最終的には、仕事にも大きなプラスとなる。


2)TPP

アメリカの二人の大統領候補は、

TPPに反対と、明確に表明している。


一方、アメリカの政府高官は、
TPP内容を変更する再交渉に応じないという。

これは矛盾していないか。

二人のうちのどちらが大統領になっても

TPP参加に反対するのだから、
再交渉も何もあったものではない。

さらに安倍政権は、

臨時国会でのTPP承認を目指すという。

これもどうも意味が分からない。

これまでのTPP交渉を主導したアメリカが、
TPPに反対だと言っているにも関わらず、

日本が主導してTPPを承認するのは、

全く理解できない話だ。

しかも自民党が政権に返り咲いた2012年の総選挙で、

「TPP断固反対」と主張した自民党が承認を強力に促進しているのだから、

この点も全く不可解な話だ。

そして自民党の公約破りに対して、

マスコミも全く無批判だ。

これも理解できない。

TPPを取り巻く状況は本当に不可解なことばかりだが、

これが実はTPPの本質なのだと私は理解している。

TPPとは、どんなものであるかも知らずに、
TPPに参加することは、絶対にあってはならない。




さあ今日も、確実に前進します。

=====================


                2016.9.13

=====================

まぐまぐの送信登録・解除は以下。

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です