徒然日記

10月15日 その3340『逢坂誠二の徒然日記』(5037)

朝の函館は、雲がなくスッキリと晴れ上がっている。

その分気温が下がり、なんと最低気温は2度。

日中は17度まで上がる見込みだ。

====

10月に入って、太陽の登る場所が随分と南側に寄ってきた。

冬至に向かってさらに南に接近する。

====

昨日は、昼の法務委員会理事懇談会終了後、
即、帰函し、いくつかの会合に出席している。

1)Bob Dylan

Bob Dylanを聴き始めて45年ほどになるだろうか。

Dylanデビューの頃は、私はまだ2歳。

小学校の高学年になって深夜放送を聴き始め、
色々な音楽に接するようになった。

遅れたDylanファンだと思っていたが、
随分と長い間、付き合うことになった。

今も、ほぼ毎日、Dylanを聴いている。

====

1978年の初来日は、大学受験と重なって、
ステージを見ることはできなかった。

その後、発売されたその時のライブアルバムは、
擦り切れるほど聴いた。

Dylanのことを語り始めると止まらないが、
心底凄い存在だと思うと。

とにかく今回のノーベル文学賞の受賞は嬉しい。

あまりの嬉しさに、
昨朝は何も書く気がしなかったが、
今朝は少し落ち着いた。

====

Dylanの歌詞、歌い方、ギター、ピアノ、ハーモニカ、
そして生き方、いずれも異彩を放つものだ。

本人は色々と考えて曲を作っているのだと思うが、
Dylanの凄さは、本人が自分のことを分かっていないことだと思う。

計算され演出された異彩ではなく、
計算や演出を超越した異能ぶりなのだ。

だからこそ真に凄いのだと私は感じている。

====

Dylanは、75歳の今になっても変化し続けている。

現役として50年以上も曲を作り、
過去の遺産で 十分に人々を
満足させることができるはずだ。

だがDylanは、それをやらない。

今年春の東京公演も、今までとは違った斬新なものだった。

新しいことへの挑戦は、
客に受け入れられるかどうかは分からない。

古い曲を古いスタイルで演じていても
Dylanくらいのキャリアがあれば、
観客は十分に満足をするし、
そんなDylanを望む人も多いだろう。

しかしDylanは、それをしない。

常に変化し続ける。

この凄さは、誰もマネのできないことだろう。

====

私にDylanを天才と言わしめる理由が二つある。

真の自分を自分自身も理解せずに、
結果的に凄いことなっていることだ。

そして常に変化し続けることだ。

これが真の天才と思うが理由なのだが、
Dylanはどこかで聴衆を欺いているかもしれないとも思う。

ノーベル文学賞決定の夜もDylanは、
コンサートを行なっていたという。

油断ならない存在だ。

今日は、終日、函館市内での活動だ。

さあ今日も、確実に前進します。
=====================
              2016.10.15
=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp//magazine/

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です