徒然日記

10月26日 その3351『逢坂誠二の徒然日記』(5048)

昨日も総務委員会での質疑をはじめ
朝から晩までフル回転の1日だった。

今日も法務委員会での質疑があり、
昨日と同様かそれ以上に
予定がギッシリ詰まっている。

1)外国人技能実習法案

色々と課題のあった外国人技能実習法案が、
昨日、衆院本会議を通過し、参議院に送られた。

昨年の通常国会で継続審議となっていた法案だが、
今年の通常国会で、私が野党筆頭理事として引き継ぎ、
与党との修正も合意し何とか衆院を通過した。

色々な方からも早期の成立を要望されており、
何とか今国会で成立して欲しいと思う。

外国人技能実習制度は、
海外に日本の技術を伝える
国際貢献を目的として1993年に開始。

今年6月末時点で、
外国人技能実習生は過去最多の21万人。

しかし技能実習生が、
低賃金で長時間労働を強いられるなど、
内外から批判も多く、
その改善が課題となっていた。

今回の改正では、
そうした課題にも対応できるよう
対策を講じている。

またこの法案が成立した後に、
介護分野が対象職種に加わる予定。

この法案と一緒に審議されている
入管法の改正では「介護」の在留資格を新設する。

■法案のポイント

【技能実習制度の適正化法案】


実習生の受け入れ先を監督する外国人技能実習機構を新設


実習生ごとに実習計画をつくり、機構が内容をチェックする


実習生の人権を侵害する行為への罰則を設ける


実習生の受け入れ期間を最長3年から5年に延長

【入管法の改正法案】


在留資格に介護を新設


在留資格を偽装する外国人への罰則を設ける

====

今回の改正で、全ての課題に
十分に対応できるわけではないが、
一歩前進であることは確かだ。

法案の成立に向けて、
多くの皆さんにお世話になった。

心から感謝したいと思う。

2)金額のない領収書

昨日の総務委員会で、
政治資金パーティーで
金額のないが領収書が使われている問題を
高市大臣に質問した。

高市大臣も、金額のない領収書を受領したり、
発行したりしていたという。

しかも法的には問題ないとの答弁だ。

だが、本当に、領収書記載の金額を、
支払ったのかを証明する術がないと思われる。

私は、政治資金規正法に触れると感ずる。

昨日の議事録を精査の上、再度、質疑したいと思う。

3)刑務官

今日の法務委員会では、
刑務所で受刑者に直接対応する
刑務官の課題について質疑する予定だ。

====

刑務官の数は足りているのか

刑務官の年齢構成はどうか

女性刑務官の実態はどうなっているか

刑務官の離職率が高いが、どう対応するか

今後、大幅な刑務官不足も懸念されるが、
それらにどう対応するか

====

こんなことを質疑する予定だ。

また機動隊の沖縄での暴言、
TPPについても質疑する予定だ。

とにかくやるべきことが多い。

国会活動に全身全霊を傾けて、
さあ今日も、確実に前進します。
=====================
             2016.10.26
=====================
まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp//magazine/

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です