徒然日記

11月14日 その3370『逢坂誠二の徒然日記』(5067)

函館の朝の気温は零度だ。

連日、本当に気温の変化が激しい。

体調の管理が大変な時期に入っている。

1)日印原子力協定

外務省のHPに掲載の
日印原子力協定や付属文書に
ざっと目を通した。

実に分かり難い書きぶりだ。

あの内容を、即、理解するのは至難の技だ。

====

予想通りインドに一定の条件のもとで
核燃料の再処理を認める内容のようだ。

どんな条件がかかっているのは、
極めて分かり難い。

====

インドが核実験を行った際の
協力の停止も盛り込まれているが、
その条件も分かり難い。

インド側の過去の声明を引用する形で、
条件設定をしているが、
お互いに都合の良い解釈ができる雰囲気に見える。

さらに協力停止後、
提供資機材等を引き上げることができる内容のようだが、
汚染された資機材の引き上げが可能なのか。

それには相当な障害が伴うだろう。

しかも資機材等の引き上げで、
停電となる場合、人道的な見地等から、
現実にそんなことができるのかどうか、
極めて危うい印象を受ける。

そんなことを思うと、
インドの核実験実施に伴って協力を停止するというのは、
極めて非現実的なことに思われる。

やはりそもそも原発及び関連資機材等を
輸出しないことが一番なのだ。

安部総理は成長戦略の一環として輸出するといっているが、
多くの人の命を犠牲にして、
経済成長を勝ち取るのは間違っている。

2)スーパームーン

今日は、スーパームーンだ。

昔は、そんな言葉は無かった。

いつ頃登場した言葉、概念なんだろう。

====

今日のスーパームーンは、
68年ぶりの大きさだという。

月の軌道は楕円形。

だから地球と月との距離が刻々と変化している。

そのため最も月が地球に近づくタイミングと
満月のタイミングが重なると、
大きく見えることになる。

「スーパームーン」は判断基準が決まっておらず、
天文学の正式な名称ではない。

今年4 月22日の最も小さかった満月と比較すると、
今日の満月は見かけの大きさが直径で約14%、
面積で約30%も大きくなる。

月が地球に最も近づくのは20時21分。

その後、22時52 分に満月となる。

====

ただし今日は、全国的に天候が悪いようだ。

私もスーパームーンを見ることができるだろか。

今日も屋外の活動は、
朝2時間の街宣からスタートだ。

寒いため防寒対策をして、街頭に立つ。

さあ今日も、確実に前進します。

==  2016.11.14  ==

まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp//magazine/

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です