徒然日記

11月18日 その3374『逢坂誠二の徒然日記』(5071)

気がつけば、国会の会期も2週間を切った。

もっと議論すべきことが多く、会期が短すぎる。

与党の皆さんにも延長が視野に入った雰囲気もある。

都内の夜明け前の気温は6度程度だ。

日中は14度位になる見込み。

1)民法(債権)

今日から、いよいよ民法改正法案(債権法)の審議に入る。

120年ぶりとも言われる大改正で、
改正案作成にも相当の年数を要している。

そうした改正法案のため、今後は、どう審議すべきか、
与党筆頭理事も、審議を急ぎたい気持ちもある反面、
慎重にしなけばとの気持ちも見え隠れし、
ちょっと決めあぐねている雰囲気を感ずる。

野党筆頭理事の立場としては、
これまでの議論も踏まえつつ丁寧に、
しっかりとした審議をしたいと思う。

私も今日は、1時間の質疑を行う。

今日は初回のため総論的な議論を行う予定だ。

2)日印原子力協定

来週月曜日、日印原子力協定について
質疑できることになった。

日印原子力協定によって、
日本からインドに原発輸出が可能になる。

この協定は単に日本とインドの関係だけではなく、
インドに核燃料の再処理を認めることになれば、
日本国内の原発政策、つまり大間原発にも
大きな影響を与えることになる。

そんな思いを持ちつつ、質疑をしたいと思う。

====

日印原子力協定とは何か
(原発の輸出、核燃料の再処理、核実験の際の措置と実効性など)

協定付属の公文の位置付けと内容

NPTに加入しないインドとの関係

核兵器禁止条約に関する決議への対応

成長戦略と原発輸出

====

以上のような観点から質疑したいと、
現時点では考えている。

連日、朝から夜まで国会活動に没頭している。

こうした活動ができるのも、地元の皆さんのおかげだ。

地元の皆さんの応援に心から感謝している。

また帰宅した後も朝も
国会で様々やるべきことを考えると、
頭が冴えて、ついつい睡眠時間が短くなってしまう。

国会活動に没頭しつつも、
睡眠、栄養、運動のバランスも必要だ。
(なかなかバランスが取れないが。)

さあ今日も、確実に前進します。
==  2016.11.18  ==

まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp//magazine/

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です