徒然日記

2月22日 その1670『逢坂誠二の徒然日記』



夜明け前、今朝の都内は雲が多め。

その分、気温が下がらず5度程度。

日中は昨日よりも低めだが10度程度になる見込み。

1)総務部門等合同会議
昨朝は、総務に加え、公務員PT、内閣、法務、防衛の
合同部門会議が開かれた。

テーマは、国家公務員給与引下げ関連法案の取り扱い。

この問題は、17日の民自公政調会長会談で一応決着済とされているが、
現実には、地方公務員への波及をどうすべきか、
自衛官等給与の扱いなど、まだ積み残し案件があった。

昨日の合同部門会議では、与野党協議の経過報告を行った。

====

その後、午前9時から、与野党協議が行われ、
私もメンバーの一人として、参加した。

その結果、
自衛官等給与の取扱いは柔軟な運用ができるような条文にすること、
地方公務員の給与は国会審議を通して結論付けることが合意され、
何とか審議入りの目途がつくこととなった。

2)憲法審査会
昨夕、総務理事懇談会、憲法審査会幹事懇談会、
さらに政調役員会の三つの開催時刻が重なった。

総務理事懇談会に途中まで出席し、
憲法審査会幹事懇談会には冒頭滑り込みで参加、
結局、政調役員会は欠席となってしまった。

総務、憲法ともに、23日午前には、
委員会、審査会が開かれる見込みで、
この日も、会議が重なってしまう可能性が高い。

委員会と審査会を梯子しなければならないが、
これは日程の都合上、致し方無い。

今日は新月だ。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2012・2・22 Seiji Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です