徒然日記

12月11日 その3397『逢坂誠二の徒然日記』(5094)

函館の気温は氷点下5度。

この冬、最も気温の低い朝となった。

昨日は、帰函後、
あちこちの会合に顔を出すなど
隙間のない時間を過ごした。

そのため16時から予定していた街宣は、
開始時刻が20分ほど遅れてしまった。

冬至を控えて日没が早く、
早めに切り上げざるを得ず残念。

1)イカ

函館といえばイカだが、
スルメイカ(マイカ)の漁獲高が
今年は過去10年間で最低となる見込みだ。

深刻な不漁で、市場価格は
10年前の3倍以上となっている。

10月までの概算漁獲高は8068トン。

過去10年間で最低だった昨年の漁獲高は、概算1万1264トン。

2007年の4万8219トンの4分の1以下だった。

しかし今年は、それをさらに下回ることがほぼ確実だ。

市場の年間平均価格は10月末現在、 1キロ当たり607円。

昨年の同379円に比較し1.6倍だ。

函館市内、さらに周辺自治体には、
イカなどの水産加工会社が相当数あるが、
地域経済への影響は必至の状態だ。

こうした会社などへの融資も検討されているが、
原材料がないため融資だけで乗り切るのは難しい。

イカ不漁の原因究明とともに
原材料の確保策を講ずる必要がある。

さあ今日も、確実に前進します。

== 2016.12.11 ==
まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp//magazine/

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です