徒然日記

12月16日 その3402『逢坂誠二の徒然日記』(5099)

一昨夜は、未明までの国会のため、
睡眠時間は2時間。

しかし昨日も通常通りの日程をこなした。

さすがに体にこたえる。

昨夜は、いつもよりも早めに床に就いたが、
まだ睡眠不足状態は続く。

今日は、少し余裕のある日程をと思うのだが、
やはりガリガリと動いてしまう。

1)ロシア大統領

ロシアのプーチン大統領が来日した。

会談の内容は、まだよく分からないが、
報道が過熱気味だ。

しかも食事内容がどうなっているかなど、
本筋に関係のない、ゴシップ的なことも多い。

ちょっと食傷気味だ。

もっと会談の核心に迫る報道が欲しい。

今日どんな発表があるのか、注目されるが、
お互いに都合の良い解釈が可能な、
曖昧な内容になる可能性も否定できない。

2)青年部

昨日、帰函後、若手農業者と意見交換をした。

TPP、基盤整備、販売、土づくり、原発など、
多岐にわたって、様々な意見交換をした。

農業の現状は、様々な変動要素があり、
将来を確実に見通すのが難しい。

しかし彼らの話を聞いていると、
しっかりとしたヤル気、信念を感ずる。

本当に有り難い、意見交換となった。

今朝の函館の気温は、氷点下6度だ。

日中も氷点下の真冬日となる見込みだ。

寒い中だが、
さあ今日も、確実に前進します。

== 2016.12.16 ==
まぐまぐの送信登録・解除は以下。
http://www.ohsaka.jp//magazine/

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です