徒然日記

1月18日 その3435『逢坂誠二の徒然日記』(5132)

昨日は講演のため、久々に札幌に入った。

ふた月ぶりだろうか。

雪が多く、
除雪に苦慮している雰囲気が伝わる。

1)共謀罪

今日も共謀罪に言及する。

====

安倍政権になってから、
「特定秘密保護法」の成立、
「司法取引」及び 「通信傍受」の拡大
などが行われている。

これに共謀罪が加わったら、
どんな社会になるのか、
それをよく考える必要がある。

====

菅官房長官が17日の記者会見で、
共謀罪法案の国会提出に関し、

「一般の方が対象になることはあり得ず、
テロの準備行為があって初めて罰することを明確にする」

と発言した。

ここでいうところの
「一般の方」とは、
どのような人のことを意味するのか。

一般の方が対象にならないと明言するからには、
そうした規定を法律で明確にするという意味なのか。

今回の共謀罪法案による取締りの対象者を法律上、
明確に限定するという意味なのか。

取締りの対象者を明確に限定せず、
単に一般の方はテロ行為などをしないから
罰則の対象にならないという意味ならば、
官房長官の発言は何も言っていないに等しい。

こんな発言に惑わされてはならない。

「合意」を犯罪とすることになれば、
合意を内容を知る方法は、
偶然に漏れる以外には、
盗聴か密告が主流になるだろう。

日本がこんな社会になって良いのか、
多くの皆さんに考えてもらいたい。

こうした法律を制定する前に、
テロ行為を防止するための
様々な対応をすべきなのだと思う。

安倍総理は今回も海外に出向いて、
同盟などと盛んに喧伝したようだが、
ああした発言がテロを惹起することになることを
なぜ彼は理解しないのだろうか。

今日も国会で、
共謀罪に関する勉強会があるため
昨夜、都内入りした。
さあ今日も確実に前進します。

==  2017.1.18  ==

まぐまぐの送信登録・解除は以下。

メールマガジン

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です