徒然日記

1月20日 その3437『逢坂誠二の徒然日記』(5134)

夜明け前の函館の真っ黒な空に
まだら模様の雲が浮かんでいる。

風もなく穏やかな雰囲気だ。

朝の気温はマイナス7度。

そういえば今日は大寒。

1)武器

おいおい安倍さん、
日本は武器の拡散国になると言うのか。

====

政府は、自衛隊が使用した航空機など
中古の武器等を無償で
他国に譲渡できるようにする財政法改正案を、
今日開会の通常国会に提出する方針を固めた。

安倍総理は、2014年の
「防衛装備移転三原則」で
武器輸出を原則解禁した。

平和主義を掲げる日本だが、
2014年以降、武器が輸出できる国になった。

ところが安倍総理は、
これでも不十分だと感ずるのだろう。

現在のままでは、
財政法の規定が障害となって、
武器の売却か貸与しかできない。

無償で武器提供できないのが不都合だと言う。

安倍総理の狙いは、
南シナ海問題を抱える東南アジア諸国だ。

それらの国に無償で武器を渡し、
その国の軍事的能力を強化しつつ、
日本の存在感も高め、
中国を牽制するのが狙いらしい。

====

武器輸出は、
日本の平和主義に反し、
そもそもすべきではない。

しかも輸出武器を
政府が承認することで、
完全な政治利権となった。

それに加えて、
今後は日本に都合の良い国に、
無償で武器を渡すという。

こうなれば、
敵と味方の色合いをさらに鮮明にすることになり、
軍事的な対立を深めることになりかねない。

====

安倍総理の手によって、
戦後築いてきた平和国家日本が、
破壊されている。

今日から通常国会だ。

朝の気温は低いが、
一箇所だけ街頭に立ち、  
朝の一便で上京する。

さあ今日も確実に前進します。

==  2017.1.20  ==

まぐまぐの送信登録・解除は以下。

メールマガジン

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です