徒然日記

2月25日 その3473『逢坂誠二の徒然日記』(5170)

都内の朝の気温は1度。

今日は土曜日だが帰函できず、
都内で仕事をしている。

予算委員会や
来週の本会議の準備などに専念だ。

明日は帰函し、地元活動だ。

1)森友学園問題

連日、国会では森友学園問題で沸騰している。

様々な点で不透明な部分が多い。

しかし今、衆院予算員会の出口が見え始め、
報道などでは、
森友問題はそろそろ終焉
との見方もあるようだ。

問題のある契約追求は、
予算委員会だけで行われるものではない。

今後、文科委員会、財務金融委員会などでも
継続して追求しなければならない。

行政は、手続きの透明性や公平性が一つの肝だ。

ところが今回が、
それが毀損されているように感ずる。

ここをキチンと追求し、問題点を明らかにし、
後にこうした問題が発生しないように
しなければいけない。

予算委員会が開催され、
ニュースに取り上げられる時期に注目し、
派手な話題を振りまく、
そんな国会追求に終わってはならない。

日本の行政の質を高めるためにも、
この問題は継続して
明らかにしなければならない。

さあ今日も、確実に前進します。

==  2017.2.25  ==

まぐまぐの送信登録・解除は以下。

メールマガジン

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です