徒然日記

3月4日 その3480『逢坂誠二の徒然日記』(5177)

都内の朝の気温は1度。

ここ数日の中では低めだ。

昨夜、都内で出席すべき会合があり、
今週は土曜日の帰函となる。

1)法務委員会

昨日、衆院の法務委員会が開催された。

金田大臣があまりにも、
的確な答弁ができないうえ、
過日は国家審議を否定するかのような
内容を記した紙を記者に配布するなど、
大臣の資質に欠けるとして大臣の辞任を求めている。

こうした中での委員会の開催となったが、
昨日の大臣所信で、
ついに共謀罪の国会提出に言及した。

来週には、この共謀罪も含め、
大臣所信や大臣の資質について議論が行われる。

2)格安国有地の払い下げ

森友学園に格安で
国有地が払い下げられた問題などに関し、
参議院でその解明が進んでいる。

政治家の関与も明らかになった上、
総理夫人も秘書役とも思われる公務員を伴って、
森友学園を訪問している。

これでは公務とも思われる実態だ。

いずれにしても不可解なことが多い。

客観情勢として、
あと一月余りで小学校を開校するのは、
難しいと思われるが、
そうなった場合、あの土地は更地にして、
国への変換となることもあろう。

これまで、無理に無理を重ねて
土地購入と学校開設を進めてきたツケが
一気に噴出した感じだ。

さあ今日も、確実に前進します。

==  2017.3.4  ==

まぐまぐの送信登録・解除は以下。

メールマガジン

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. こんにちは、この国はもう、終わりですね。

    今の政権は、何があっても「辞職」はしないようにと言う事で動いている事は、歴然とした事ですが、最近の事柄に対しての

    処理の仕方に「アキアキ」しますね。

    今頃になって何とか学園の「教育勅語」と園児に言わせていることを「時代錯誤状態」に驚くなんて言っておりますが、国政

    をつかさどるものがこんなことでいいのか大変な不信を感じます。どのくらい、国民バカにすれば良いのか腹が立ちますね。

    いい加減に、息の根が、止まるくらいの「問題提議」をしてやって下さい。お願いいたします。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です