徒然日記

3月18日 その3494『逢坂誠二の徒然日記』(5191)

函館は雲のない爽やかな朝を迎えた。

朝の気温は氷点下3度程度。

日中は6度位になる見込みだ。

昨夕、北斗市内で開催された
新幹線に関するシンポジウムと
その後の交流会に参加する予定だった。

私の知り合いが発言者だったこともあり、
楽しみにしていた。

ところが昨朝、事務局から
「準備の問題、色々な都合があり
参加御遠慮頂きたい」
と電話連絡があったという。

だれでもが参加できる催しだったはずだが、
来ないで欲しいとは何とも驚き。

こうしたことを平然と行うことは、
理解できないことだ。

まあどんなに排除されようとも、
どう扱われようとも、淡々と虚心坦懐に
やるべきことに邁進しなければならない。

さあ今日も、確実に前進します。

==  2017.3.18  ==

まぐまぐの送信登録・解除は以下。

メールマガジン

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. お疲れ様です。
    だれでも参加できる催しに事務局から断りの連絡が入るとは、悲しいことですね。
    何かしらの圧力があったと推察します。
    いつ聞いても逢坂さんの話すことには、筋が通っています。
    虚心坦懐に粛々と活動してくださることを祈っています。

    >事務局から
    >「準備の問題、色々な都合があり
    >参加御遠慮頂きたい」
    >と電話連絡があったという。

    >だれでもが参加できる催しだったはずだが、
    >来ないで欲しいとは何とも驚き。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です